英首相が「ソーシャルメディア規制」検討 「規制濫用」と異論続出

印刷

   「ソーシャルメディアが火に油を注いだ」とも言われる英国の暴動で、デービッド・キャメロン首相が、これらのサービスの利用を規制する可能性に言及した。SNSを通じて騒乱が広がったエジプトや中国では、すでに規制が行われているが、これに追随することに批判の声が相次いでいる。

   一連の暴動をめぐっては、すでにロンドン警視庁がツイッター、フェースブック、ブラックベリーメッセンジャー(BBM)で交信された内容について捜査を進めている。英国南部のサウスハンプトンでは、3人の男がソーシャルメディアで暴動を扇動した容疑で逮捕されている。

警察や情報機関、通信事業者と検討

   キャメロン首相は2011年8月11日の下院で、BBMが暴徒に悪用されたと指摘。

「彼ら(暴徒)が暴力や騒乱、犯罪行為を計画していることが分かった際、ウェブサイトや(ソーシャルメディアの)サービスを介した通信を遮断することが適切かどうか、警察や情報機関、通信事業者と検討している」

と説明した。

   BBCによると、メイ内相は、これらサービスを運営する3社の代表と会談し、暴動時の通信内容に責任を持つように求めたとみられる。

チュニジア、リビアではソーシャルメディアの役割を称賛

   先進国では異例の対応ともいえ、早速批判の声もあがっている。例えば人権団体からは、

「いつ暴動が計画されているのかを、どうやって知るのか。誰が判断するのか」
「現実的な策は、裁判所が判断することだ。もしそうでないであれば、携帯電話会社や警察が、すぐに規制を濫用することだろう」

と批判。

   キャメロン首相の発言を伝えるBBCの記事のコメント欄でも、

「本気で言っているのか?北アフリカ(チュニジア、リビア)で革命が起こったときのソーシャルメディアの役割を称賛し、両国政府のネット規制を批判しておきながら、こういうことを提案するのか」
「ツイッターで『マンチェスターで暴動が起きている』という噂を見たので、すぐに現地で働いている知人に、事件が起こっているかもしれないと伝えました。政府は、こんな風に知人に危険を知らせることすら規制してしまうのでしょうか?」

と、批判的な声が大半だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中