肉牛の出荷、宮城県産は一部解除 福島は見送って精査

印刷
宮城県産肉牛の出荷制限一部解除を発表する枝野幸男官房長官
宮城県産肉牛の出荷制限一部解除を発表する枝野幸男官房長官

   枝野幸男官房長官は2011年8月19日午後の定例会見で、宮城県全域に指示していた肉牛の出荷制限を一部解除したと発表した。牛の検査方法などについての宮城県の管理計画を政府が承認する形で、今後、計画に沿った肉牛のみ出荷を認めていく。

   計画では、(1)汚染稲わらを使用した農家の牛は、全頭検査で基準を下回ること(2)それ以外の農家は、初回出荷時に1頭以上を検査し、その結果が1キログラムあたり50ベクレル以下であること、などを求めている。

   福島県については、汚染稲わらを与えられていない肉牛から暫定基準値を上回る放射性セシウムが検出されたため、原因調査のため解除を見送った。

   枝野氏は「管理された形で、安全が確認されたもののみ出荷を認める」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中