ほっしゃん。「がん保険売り止め」で物議 保険会社は事実関係を完全否定

印刷

   お笑いタレントのほっしゃん。(40)が、原発事故の影響でがん保険が売り止めされたとツイッターで発言して、物議を醸している。各保険会社は、事実関係を否定しているが、その根拠は何なのか。

   ツイートによると、ほっしゃん。は、ある外資系生命保険会社に勤める知人からこの話を聞いた。

最近、ガン保険のCMがなくなった??

つぶやきが波紋
つぶやきが波紋

   その知人は、ほっしゃん。に対し、「外資系には共通の資料が回って来て、原発事故後のガンの発症率が上がったので売り止めがかかってる」と明かした。「特に0~6歳の子供達の被爆が指摘されてて、北海道~関西圏が汚染地域として指定されてる」ともした。こうした理由から、「最近、ガン保険のCMがなくなった」というのだ。

   このつぶやきは、すぐに100人以上にリツイートされ、ネット上で論議を巻き起こしている。2ちゃんねるでも話題になり、「これはさすがに不味いだろwww」「そんなに急には出ねぇって」と疑問の声も多く上がった。保険販売への影響についても、保険会社が商売に影響が出て怒るといった声から、逆に保険を売りたい思惑通りではといった見方まで出ている。

   各保険会社は、ほっしゃん。の発言をどう考えるのか。

   大手のアフラックでは、広報課が「そういった事実はございません」と完全否定した。発言については、「何とも申し上げられないです」とした。がん保険の販売については、震災後の2011年4~6月期は、前年同期とまったく同じで、横ばいだという。保険料は、震災前と変わっていないとしている。

   また、メットライフ アリコの広報部でも、「通常通りの販売で、売り止めは一切していません。(発言については)うちとしてはコメントしようがないです」と言っている。保険料は変わっておらず、4~6月期は、がん保険はむしろ販売が伸びているという。

「保険は被災地中心にニーズ高まっている」

   生命保険協会の広報部によると、保険販売は、被災地を中心にニーズがむしろ高まっており、各種補償なども充実させる傾向があるという。震災の影響で保険の支払いは増えているものの、がん保険も含めて保険料を上げたケースはないとしている。ほっしゃん。のツイッター発言については、「事実かどうかは分かりませんが、こちらとしては売り止めの話は聞いていません」と話す。

   国際金融アナリストの枝川二郎さんは、がん保険売り止めについては懐疑的だ。

「がんの死亡確率が上がれば、リスクが高くなるということで、理論的には保険料アップということになるはずです。将来、こうしたデータが出てくれば保険会社が考えるかもしれませんが、今の段階では、公的データもありませんし、独自のデータがあるとも思えません。常識的には、保険販売の変化はないはずです」

   一方、ほっしゃん。は、数々に疑問に対し、「知人に確認とったら、間違いなく確かや」とツイッターで釈明した。知人の会社では、営業部長職以上の会議で資料が示されたもので、だれでも見られるものでないという。知人からは、「話したいことがある。オフレコじゃない、知らせて欲しい」とメールが来たため、ツイートしたと説明している。

   さらに、「保険会社に勤めるボクの友人も同じことを言ってました」というツイッターユーザーの発言を補強材料として引用している。

   とはいえ、データなどの裏付けがなく、売り止めが本当にあるかどうかの真相は不明のままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中