海江田氏「小沢傀儡でかまわない」 「率直すぎる」仰天インタビュー

印刷

   小沢一郎・民主党元代表の傀儡でもかまわない――代表選で敗北した海江田万里・前経産相が、あっけらかんとインタビューで答えている。どんな理屈で「かまわない」と言っているのだろうか。

   海江田氏インタビューが載ったのは、2011年9月2日付朝刊の朝日新聞。写真を含め、1ページの約3分の2を使った長めの記事だ。

朝日編集委員「こんなにあっさり語るとは」

代表選で演説する海江田万里氏。決戦投票で敗れた
代表選で演説する海江田万里氏。決戦投票で敗れた

   海江田氏は、先の民主党代表選で、党内最大規模の小沢グループの支持を得て、有力候補と目されていた。初回投票では1位となり、決戦投票で野田佳彦氏に逆転負けした。

   海江田氏は2日の朝日インタビューで、「『首相になったら小沢さんの傀儡になる』と言われました」と質問され、「それでもかまわないと思いますよ」と答えている。

   さらに、海江田氏が経済評論家としてテレビのコメンテーターをしていたことを受け、「『コメンテーター海江田』なら、『政治家・海江田』を何と評するか」との問いには、「まあ、小沢さんの力に頼った傀儡だと言うでしょうね」と回答した。

   「小沢傀儡」を認める発言には、インタビューをした朝日新聞の編集委員も驚いたようで、取材後記に「こんなにあっさり語るとは」と書いたほどだ。

   海江田氏は、なぜ「傀儡でもかまわない」と考えているのだろうか。海江田氏は、1982年に「闇将軍」田中角栄氏の支持を受けて誕生した中曽根康弘首相を例に挙げた。「田中曽根内閣」と揶揄されたが、「ちゃんと結果を出しましたから」(海江田氏)と説明している。「小沢傀儡」と言われようとも、「海江田内閣」が結果を出せばそれで良いと考えていた、というわけだ。

   とはいえ、TPP(環太平洋経済連携協定)推進派だった海江田氏は、小沢グループ内に根強い反対論があることを受け、代表選にあたっては一転慎重派に転じた。

民主国会議員「これでは総理大臣は務まらないのでは」

   海江田氏はインタビューで、TPPは経産相としては「1番やりたかった」政策のひとつだったが、「総理大臣になれば優先順位は下がるんです」と説明した。

   確かに、首相になれば経済産業分野以外でやりたいことがあり、経済産業分野の政策の優先順位が全体の中で下がることはあり得るだろう。しかし、優先順位が下がることと、「1番やりたかった」政策についてコロっと意見を変えることとは全く別物だ。

   海江田氏のインタビューへのこうした回答は、読んだ人にはどういう印象を与えたのだろうか。海江田氏の率直さを示すものなのか、単なる「開き直り」「言い訳」なのか。

   民主党の大西健介・衆院議員(1期目)は、9月2日のツイッターで、海江田氏のインタビューを読んだ感想をつぶやいた。

   「いい人なんだなぁ」と思ったのだが、「失礼を承知で言えば、これでは総理大臣は務まらないのではとも感じた」そうだ。「そもそも何でこんなインタビューに応じたのだろう?」と疑問も投げかけている。

   海江田氏の選挙区(衆院東京1区)内でともに活動する民主党の猪爪まさみ都議(新宿区選出)にきいてみた。

   「(海江田氏は)率直に語って、今はすがすがしい気分なのではないでしょうか」。猪爪都議は、海江田氏が「傀儡批判」覚悟で「神輿」に徹したのだろうと分析する。しかし、仮に海江田内閣が発足していれば、当初は「小沢氏傀儡」でも、徐々に海江田色を出していったはずだし、海江田氏もそのつもりだったろうとみている。

「(国会の委員会での)涙の理由など、私の中でいくつかあった疑問がインタビューを読んで解決しました。本音で語られた面白い記事だったと思いますよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中