全日空機1900メートル急降下 副操縦士の操作ミス

印刷

   那覇発羽田行きの全日空機が2011年9月6日夜、静岡県沖を飛行中に突然急降下し、客室乗務員の女性2人が首などに軽傷を負った。乗客112人にけがはなかった。副操縦士の機器の誤操作が原因だった。全日空と国土交通省が7日、明らかにした。

   この全日空140便(ボーイング737-700型)は那覇空港を離陸して、22時50分ごろ、高度約1万2500メートルを飛行中だった。男性副操縦士(38)が、トイレから戻った男性機長(64)のために操縦室のロックを解除するスイッチを操作しようとして、誤って尾翼の方向舵を調整するスイッチを操作。このため機体は左に大きく傾いて、約30秒間にわたって約1900メートル急降下した。

   運輸安全委員会は事故につながる恐れのある「重大インシデント」と判断、8日、航空事故調査官を羽田空港へ派遣する。全日空によると、この便は子会社のエアーニッポンが運航していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中