原発被災地で空き巣いまも? 警戒区域だけで600件の申告

印刷

   東京電力福島第一原発事故で設定された警戒区域での空き巣被害の申告が後を絶たない。このため、福島県警は「現在も窃盗犯が侵入している可能性が否定できない」として、区域内で活動する摘発専門の部隊を編成した。9月8日、福島放送が伝えた。

   一時帰宅などで住民が気づいて県警に申告した警戒区域での空き巣と思われる被害は、9月7日現在で599件に上っている。

   これまで原発20キロ圏内は双葉署員や特別機動パトロール隊が警戒してきたが、8月からは県警本部員を投入した。地元の各警察署も署員を出して24時間体制で対応しているという。

   震災半年を経た12日からは特別警備隊など他県警の部隊にも参加してもらい、さらに人員を増強する。警戒区域内の監視カメラを増やし、捜査支援の環境も強化することにしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中