美人なだけじゃありません やはり頭いいぞ「ミス東大」候補

印刷

   「ミス東大コンテスト」が今年も幕を開けた。東京大学在学中の女子大生5人が2011年11月末の「駒場祭」に向け、「ミス東大」の座を争う。

   さっそく写真やブログを使ったアピール合戦が繰り広げられているが、さすがは東大生、文学や薬学、語学への深い造詣を披露するミス候補もあり、その才色兼備ぶりに話題が集まっている。

「ツルゲーネフは…」「ジクロフェナクの作用機序は…」

ミス候補の米田まりなさん(画像左上)、大石彩佳さん(左下)、諸国沙代子さん(中上)、細川瑠璃さん(中下)、平井結希さん(右上)
ミス候補の米田まりなさん(画像左上)、大石彩佳さん(左下)、諸国沙代子さん(中上)、細川瑠璃さん(中下)、平井結希さん(右上)

   「ミス東大コンテスト」は東京大学のサークル「東大広告研究会」が毎年開催しているもので、最近の受賞者にはタレントの八田亜矢子さん、加藤ゆりさんらも名を連ねる。

   今年のミス候補の写真はミスキャンパスコンテスト専門のポータルサイト「ミスコレ」で公開されているが、いずれも今風の美人ぞろい。ただいかにも東大らしいのは、彼女たちのブログににじみ出る「才女」ぶりだ。

   ミスコン候補者のブログといえば自分のかわいさをアピールしたり、あるいはファッションや美容の話題に終始したりするのが普通だ。

   ところが文科三類在学中だというある候補者は、プロフィール欄の好きな男性のタイプに「世紀末のウィーンが似合いそうな人」、座右の銘にラテン語の警句を選び、ブログではロシア文学の巨匠ツルゲーネフや映画監督のタルコフスキーに言及、フランスの詩人・ヴァレリーを引くという博学を披露。

   このほか頭痛薬や睡眠薬について、「ジクロフェナクの作用機序は簡単に言うと……」と2000字近くに渡り詳細な効能を解説する薬学部生の候補や、留学先から2か国語で投稿する候補など、コンテストのプロモーションを担当するエイジプロジェクトの担当者も「今年の候補者の方は皆さん面白い方ですよ」と太鼓判を押す、個性豊かな才媛ばかりだ。

「美人合格者」としてテレビ出演していた候補も

   候補者の中には、この春に「才色兼備の合格者」としてテレビの取材を受けていた学生の姿も。彼女が2ちゃんねるでも当時から「かわいい」と評判になっていたこともあってか、ネット上では例年以上にコンテストへの注目が高い。

   ネットユーザーの間では誰が一番好みか、と議論が繰り広げられているが、同時にブログで見せる「高嶺の花」ぶりに、

「やっぱり東大入ってる子は違うなぁ。バカな俺には内容が全く入ってこない」

とため息も聞こえる。

   すでにウェブ投票が9月1日からスタートしており、11月末に東大で開催される「駒場祭」での投票結果と合わせ、「ミス東大」を決定する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中