米衛星落下は24日 官房長官「普段通りの生活を」

印刷

   アメリカ航空宇宙局(NASA)は2011年9月22日、運用を終えた人工衛星「UARS」が早ければ24日未明にも大気圏に突入すると発表した。

   この衛星については、破片の一部が燃え尽きず地球上に落下することが予想されており、NASAでは3200分の1の確率で、破片が地球上の誰かにぶつかる可能性があるとしている。破片の重さは、最大のもので約160キロになる。

   日本政府では22日、首相官邸危機管理センターに情報連絡室を設置した。もっとも藤村修官房長官は記者会見で「国民に被害が出る可能性は極めて小さい」との認識を示し、「冷静に普段通りの生活を送っていただきたい」と呼びかけた。

   文部科学省では衛星落下についての特別ページを設置したほか、フェイスブック(http://www.facebook.com/mextjapan)でも最新情報を配信している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中