なでしこ澤の赤裸々「恋バナ」 結婚したいと思ったのは一人だけ

印刷

   なでしこジャパンの澤穂希選手(33)がテレビ番組で、恋愛遍歴を赤裸々に語り、話題になっている。そこには、驚きの発言もあった。

   恋愛のことになると、いつもは恥ずかしそうな澤穂希選手。それが、ロンドン五輪出場を早々と決めたうれしさからか、話が弾んでいる。

黒人男性と一時期は同せい

   過去を告白したのは、フジテレビ系で2011年9月28日夜に放送された「ザ・ベストハウス123」でだ。それによると、澤選手は、幼いときから「男らしい女の子」で、男の子に混じってサッカーに明け暮れる毎日だった。本人も「男の子だったらよかったのに」と思っていたという。

   しかし、両親の離婚後に、友だちと一緒に、へその横などにピアスを開ける体験をした。そして、単身渡米してから、本格的におしゃれに目覚め、嫌いだったスカートもはくようになった。アメリカ人選手がおしゃれや恋のガールズトークでチームの団結力を培っているのに触発されたからだという。

   さらには、結婚を真剣に考えるような男性とも巡り会った。所属する米チームのスカウトマンをしていた黒人男性で、一時期は同せいもしていた。日本に一時帰国したときは、母親の満壽子さんにも男性を紹介する仲だったが、サッカーを優先することにして8年前に別れてしまった。

   この経緯については、週刊文春の7月28日号が男性のインタビューとして紹介している。記事によると、最初は男性が誘ったものの、澤選手自ら「サッカーをやめて、あなたと結婚する」と告白するまでほれていたそうだ。

   男性が経緯を明かしたため、澤選手も話をする気持ちになったらしい。

   結婚したいと思ったのは、「その人が最初で最後ですね」と澤選手は番組で語った。しかし、ほかにも彼氏がいたことがあったというのだ。

「いや、その前から全然彼氏とかいますよ」

   「ザ・ベストハウス123」の番組で、前出の男性について、母親の満壽子さんは、「初恋」の相手だと語った。ところが、澤穂希選手は、色をなして反論したのだ。

「いや、その前から全然彼氏とかいますよ」

   文春の記事でも、澤選手の知人が「澤のことを好きになる人も一杯いる」と明かしており、異性にもてることもあったようだ。テレビ番組では、W杯で優勝できたことも理由に、「今は女でよかったって感じ」と澤選手は語っている。

   映画のイベントでは2011年9月24日、彼氏について報道陣に聞かれ、今はいないとしながらも、「女性なので、(恋のゴールを)決められたい」と明かした。次は、そんな男性を望んでいるようだ。

   女性らしくなった澤選手だが、ただ、テレビ番組では、意外なことを明かしていた。

「女の子とデートしたりとか、キャバクラに行ったりとか…」。

   その意味については、番組では触れられなかった。文春の記事では、澤選手が花粉症のマスクをしていたとき、キャッチに「キャバクラいかがですか」と声をかけられたと中学時代の同級生が明かしている。やられたらやり返すという澤選手だけに、間違われたことを逆手に取って、男性に混じって会話を楽しむこともあったのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中