「ちびっこギャング」安住財務相が「暴言大魔王」 週刊文春が「認定」した根拠

印刷

   週刊文春の最新号が、「暴言大魔王」は安住淳・財務相(49)に決定した、と報じた。野田政権ではすでに、鉢呂吉雄・前経済産業相が原発事故をめぐる失言で辞任している。

   「ちびっこギャング」のあだ名もある安住財務相は大丈夫だろうか。

公明国対委員長も「激怒」

   2011年10月5日に首都圏の書店などに並んだ週刊文春(10月13日号)は、「野田内閣『オフレコ放言』王座決定戦」と銘打った記事を載せた。野田内閣の閣僚や党幹部を中心に約10人の民主党議員の放言・暴言を紹介、中でも安住財務相について「群を抜いている」と指摘し、「暴言大魔王」に「決定!」と伝えた。

   文春記事では、8例ほどの安住氏の非公式発言を伝えている。例えば、当時首相だった菅直人氏の退陣を求める動きが民主党内に出ていた4月下旬、国会対策委員長だった安住氏は記者団に対し、「『菅おろし』なんて言ってる奴は、みんな被災地にブチ込んでやる」などと「息巻いた」という。

   また、発言があった状況ははっきりしないが、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の議論をする中、農業について「あんな平均年齢70歳の産業なんて、保護する価値もない」と語った、としている。

   安住財務相の発言ぶりに懸念を示しているのは、週刊文春だけではない。週刊ポスト(9月30日号)も「彼の引き起こしてきた舌禍は枚挙に暇がない」と書いている。

   ポストの記事は、安住氏が国対委員長だった7月、テレビ東京の番組で、東日本大震災の被災地の首長らについて「国からお金をもらって自分は言いたいこと言って(略)」「立派なことを言うが泥はかぶらない」と発言したことに触れている。

   また、夕刊紙「夕刊フジ」が野田政権発足後に連載した、各閣僚の「『長所と短所』徹底分析」の中では、安住財務相について「『軽薄発言』がシンパ~イ」と報じている。

   安住氏は6月、公明党の漆原良夫・国対委員長から「君は軽い」と激怒されたことがある。「2次補正予算案」の呼称に関連して、安住氏が「(これを2次補正と呼ばないのなら)後ろから(首相の)首を絞める」と冗談を言ったためだ。当時、時事通信などが報じた。

「発言の一部が切り取られて…」

   また、特に「失言」とはされなかったが、「ギリギリ」の発言もあった。

   9月26日の衆院予算委員会の答弁で、国家公務員の宿舎問題について安住財務相は、自身がNHKの記者時代、社宅を借りて住んでいたと説明し、「とても給料では生活できなかったからです」と述べた。その上で「(国家公務員には)多少は宿舎の便宜供与等もあってしかるべきだと思ってます」と続けた。

   NHKの(被保険者)年間報酬については、平均1041万円だ、と9月28日の参院予算委で明らかにされた。ちなみに、厚労省によると平均年齢(被保険者)は40.15歳だ。民放キー局ほどではないにしても、かなりの「高給取り」なのは間違いない。

   給料はNHKをはるかに下回り、社宅もなく住宅手当も出ない会社に勤めている人が相当数いる中、財務相発言に反発を感じた人は少なくなかったようだ。

   安住財務相は早稲田大出身で、在学中は雄弁会に属していた。小柄だが、奔放な発言を繰り返すことから、一部マスコミから「ちびっこギャング」のニックネームをつけられている。

   選挙区は被災地の宮城5区(石巻市など)。地元の民主党関係者に話をきいてみた。

   当時国対委員長だった安住氏は大震災発生後、地元の市役所に泊まり込みもするなど精力的に地元情報を国政の場に伝えていたという。「こうした頑張りは報道されず、発言の一部だけが切り取られて攻撃されている」と、マスコミに対し相当に不満を持っている様子だ。

   安住氏は、支持者らに気さくに接することで知られている。「その気さくさがウラ目に出て、記者に失言だと受け取られているのでは、と心配している支持者も多い」のだそうだ。

「大臣として良い仕事をすることで、『失言』の誤解を解いてほしい」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中