子どもの甲状腺検査を開始 福島県

印刷

   福島県は2011年10月9日、県立医大付属病院で子どもたちを対象にした甲状腺検査を開始した。東京電力福島第1原発事故を受けたもので、事故当時県内に住んでいた18歳以下の約36万人に対して行われる。

   検査は20歳までは2年に1回、その後は5年に1回のペースで実施する予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中