傾き続ける英国ビッグベン 4000年でピサの斜塔並みに

印刷

   「ビッグベン」の愛称で知られるイギリス国会議事堂の大時計の「傾き」が、2003年から急に大きくなったことがイギリス議会の報告書から明らかになった。

   1859年に建てられたビッグベンはすでに19世紀から下水道工事などが原因で傾き始めていたが、2003年以降傾きの進行が早まり、現在では北西の方向に約0.26度傾いている。垂直軸からのずれは43センチになる。地下駐車場の建設、地下鉄の拡張などが影響していると見られる。

   現在では目で見ても傾きがわかるほどだというが、現在のペースで傾きが進んでも有名な「ピサの斜塔」並みに傾くまでは4000年かかり、当面は対処の必要はないとされる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中