仮設全戸に暖房器具設置 岩手県、断熱工事も

印刷

   岩手県は10月12日、仮設住宅全戸に暖房器具を設置すると発表した。北東北は既に朝晩の暖房なしでは過ごせない季節を迎えている。

   厚生労働省が先日、仮設住宅の暖房器具を新たに災害救助法による国庫負担の対象とすることを決めたことで実現した。石油ストーブ、ホットカーペット、電気こたつなどを、市町村の判断で設置できる。

   岩手日報によると、入居者が寒さ対策などの住環境を改善させる事例を紹介する県主催の説明会を各地で開く。県はプレハブリース業者の仮設住宅約7800戸について追加の断熱工事を実施する。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中