バーガー「ウェンディーズ」復活 ファン「あの味が忘れられない」

印刷

   米国第3位のハンバーガー・チェーン「ウェンディーズ」が2011年12月初旬に、表参道に復活する。

   09年12月に、牛丼チェーンの「すき家」を展開するゼンショーがフランチャイズ契約を更新しないことを決め、惜しまれながらも撤退を余儀なくされた「ウェンディーズ」だが、待望の復活を喜ぶ人は少なくない。

四角いビーフパテにチリビーンズが人気

「ウェンディーズ」が復活!(写真は、撤退を惜しんで行列ができた渋谷店、2009年12月写す)
「ウェンディーズ」が復活!(写真は、撤退を惜しんで行列ができた渋谷店、2009年12月写す)

   ウェンディーズの人気は、食べ応えのあるジューシーなハンバーガーに、ポテトにたっぷりのチリビーンズとチーズがかかったチリポテトなどのサイドメニューにある。

   四角いビーフパテは他のハンバーガー・チェーンにはないウェンディーズのオリジナル。解体から流通までを一切冷凍しない独自の製法で、1枚1枚焼き上げていて、つくり置きをせずに店内でカットした新鮮な野菜とともに仕上げ、「おいしさ」にこだわる。

   再上陸にあたって、米ウェンディーズと資本業務提携を結んだヒガ・インダストリーズのアーネスト・エム・比嘉会長はこれまでのメニューに加えて、「新たなメニューとしてプレミアム・サンドイッチやグルメ・トッピングを加えたハンバーガーなどを提供したい」とコメントしている。

   米国で2011年9月下旬に発売された新作の「プロジェクト・ゴールド・ハンバーガー」をメニューに用意するとの情報もあり、そのバンズは温かくサクサクしているそうだ。

   ネットではウェンディーズの「復活」を心待ちにしていたファンから、

「麻布十番、復活してくれ」
「早く関西も」

と出店を待ち望む声や、

「チリビーンズ!!チーズや生オニオンをトッピングしたあの味が忘れられません」
「本場のにくにくしたボリュームあるやつたのむわ」

と味にこだわる声が聞かれる。

   09年12月の撤退間際には「駆け込み客」が殺到。主力の「ウェンディーズバーガー」や「チリビーンズ」といった人気メニューが売り切れる騒ぎになった。

「殴られても蹴られても立ち上がって日本にやってくるウェンディーズ。随分いじらしいじゃねえか」

といった応援メッセージもある。

   すでに、新生ウェンディーズの魅力を日本全国に伝える広報アイドルも募集中(10月24日まで)で、2011年11月にはオーディションを開催し、選ばれた人は「ウェンディーちゃん」として約2か月間、広報やPR活動にあたることになっている。

「大人」のハンバーガーに期待

   外食大手のゼンショーとの事業戦略などの食い違いが原因で、09年12月に撤退した米ウェンディーズだが、日本の市場規模の大きさと、ブランドのネームバリューが定着していることなどから、その後も再進出の機会をうかがっていた。

   日本のハンバーガー市場は、マクドナルドが「安売り」で先行するなかで、価格は少々割高だが「おいしさ」を求める「大人」のハンバーガー店が健闘している。

   一時撤退し、企業再生のリヴァンプの支援を受けて復活を遂げた「バーガーキング」や、「モスバーガー」や「フレッシュネスバーガー」などのハンバーガー店がそれ。そんな「大人」のハンバーガー好きの期待が、ウェンディーズにも集まりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中