通行人18人が「見て見ぬふり」 中国「女の子ひき逃げ」動画に怒りの渦

印刷

   中国の広東省で、車にひき逃げされた女の子を20人近い通行人が「見て見ぬふり」して通り過ぎていく様子を、街頭の防犯カメラが記録していた。この様子が地元テレビ局で放送され、「冷血」などと怒りの声が広がっている。

   広東省広州市のテレビ局「南方電視台」や、地元紙「広州日報」によると、悲劇は2011年10月13日17時30分ごろ、広東省中央部の仏山市で起こった。2歳の女の子が白いライトバンにはねられたのだ。

女の子は軍の病院で手当を受けたものの死亡

「南方電視台」が放送した防犯カメラの映像。この直後に事故は起きた
「南方電視台」が放送した防犯カメラの映像。この直後に事故は起きた

   ライトバンは前輪で女の子をひいて一度は停止するものの、運転手が車から降りてくる訳ではなく、そのまま発車。後輪でも女の子をひいてしまった。

   いわゆる「ひき逃げ」で、女の子は血を流したまま現場に放置された。人通りはある通りで、明らかに通行人は倒れている女の子に気付いている様子だ。だが、見て見ぬふりをして通り過ぎてしまった。「見て見ぬふりをする」というよりも、「よけて通る」といった方が実態に近そうだ。そうしている間に、女の子は別のトラックに轢かれてしまった。

   見て見ぬふりをした通行人の数は、バイクや自転車に乗った人も合わせると、7分間に18人。19番目に通ったゴミ収集の中年女性がやっと女の子を助け起こし、警察や消防に通報した。女の子は、軍の病院で手当を受けたものの脳死状態が続き、10月16日に亡くなった。

   事故現場は女の子の自宅から100メートルの金属問屋街。母親と一緒に幼稚園から帰宅途中、母親が買い物で目を離したすきに起こった事故だった。最初に女の子をはねたバンの運転手は、携帯電話で通話しながら運転していたという。

「手を差し伸べていれば2回ひかれることはなかったはず」

   ライトバンとトラックの運転手は、地元自治体が中国版ツイッターなどで情報提供を呼びかけたこともあって、すでに逮捕されている。

   監視カメラの映像が公開され、中国のネット上では、18人の通行人に対する批判が相次いでいる。その内容は、「冷血だ」「手を差し伸べていれば、すくなくとも2回ひかれることはなかったはず」というものが大半だ。

   ただ、意見の中には、

「責任を追及されるので、かかわらないのが賢明」

だとするものもある。その背景にあるのが、06年に南京で起きた「彭宇(ポン・ユー)事件」。この事件では、彭さん(若い男性)が、バスから降りるときに突き落とされて転んだ女性を助け起こして病院に連れていったものの、女性は『彭さんに突き落とされて骨折した』と主張し、損害賠償を求めて提訴。結果的には、彭さんが敗訴して損害賠償の支払いを命じられたというもの。この判決には批判も多いが、

「中国人は、この判決をきっかけに公共の場で人を助けることに及び腰になってしまった」

という見方も根強い。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中