中古マンション「本当の値段」を公開 「マル秘情報」さらすサイトが人気

印刷

   買い物で損をしたくないのは、誰もが同じ。ましてや高額な買い物となる「マンション」ならなおさらのことだろう。しかし特に中古物件の場合はその価格が本当に「適正」なものなのか、普通の購入希望者にはなかなかわかりにくいのが実情だ。

   そうした声に応じて、不動産マーケッティング会社「アトラクターズ・ラボ」は2011年9月22日から、運営するマンション情報サイト「住まいサーフィン」で、登録会員向けに物件ごとの「本当の値段」とも言える「想定成約中古価格」を無料公開している。

「成約価格」は普通じゃわからない

「住まいサーフィン」のトップ画面
「住まいサーフィン」のトップ画面

   そもそもマンション売買においては、広告などに掲載された「売り出し価格」そのままで契約が成立することは少ない。アトラクターズ・ラボによれば交渉などの過程で、実際の「成約価格」は売り出し価格から数%安くなることが多いという。

   しかし一般の購入希望者がマンションの「実際の価格」と言える成約価格を知ることは「まず不可能」だ。こうしたデータを閲覧できるのが、原則的に東日本不動産流通機構などの組織に参加している業者に限られているためで、「よほど親切な仲介業者に当たらないと、こうしたデータは教えてもらえません」という。

   「住まいサーフィン」が掲載を始めた「想定成約中古価格」は過去の売り出し事例のデータに、年ごとの相場などによる補正を加えて算出した「今、物件を売り出して3か月以内に成約する価格」、端的に言えば一般には知ることの難しい、物件ごとの今現在の「実際の値段」だ。

業者と「買いたい人」「売りたい人」の差をなくす

   たとえば検索画面から、都内のあるマンションを選択してみる。すると物件の詳細情報とともに、そのマンションの平方メートル単位の想定成約中古単価、過去の価格事例、そして新築時との価格差を示す「騰落率」が表示される。このマンションの場合、想定成約中古単価は82万円(70平方メートル換算で5740万円)、価格事例は2005年から11年にかけての26件。個々の事例についても、その年月や物件の階数、間取り、向き、想定成約価格といった詳細な情報を知ることができる。

   現在これらの情報が掲載されているのは1万8000棟、価格事例は33万件に及ぶ。閲覧するには「住まいサーフィン」に無料の会員登録をする必要があるが、「想定成約中古価格」の公開以来、登録者数はそれまでの10倍にはね上がったという。現在情報は首都圏に限定されているが、もし今後要望が大きいようであれば、他地方への拡大もあり得るという。

   アトラクターズ・ラボでは「想定成約中古価格」公開の狙いについて、こう話す。

「購入を希望する方は、この想定成約中古価格を見ることで相場情報に惑わされず、予算に合ったマンションを選ぶことができます。逆に売り手の方も、『売れる』適正な価格を知ることで、仲介業者の言いなりではなく、自分なりに価格を考えることが可能になります」

   不動産業界の専門紙「住宅新報」によると、「確実に初めてとは言い切れませんが、こういったサービスを、しかも無料で行うというのはかなり珍しい」という。

   「本当の価格」が顧客に知られては、業者は困りそうな気もするが。

「いえ、むしろ流通が透明化することで、業界全体の活性化につながるのではないでしょうか」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中