SKE48メンバー干すヤラセ発覚? 本当は1位なのになぜか最下位

印刷

   AKB48のバラエティー番組「週刊AKB」で、「ヤラセが発覚した」としてネットで騒ぎになっている。

   問題となったのは2011年10月21日にテレビ東京で放送された「最強のSKE48は誰だ!? 運動神経No.1決定戦」だ。

両足越えてないのでアウト、と判定

   名古屋を中心に活躍するアイドルグループ、SKE48のメンバー48人が紅組と白組に分かれ、全国の小学生が実施している体力測定とオリジナル競技の全7種目で団体戦を行うという企画。さらに各種目で1位のメンバーには100ポイント、2位には90ポイント、48位には0ポイントと順位ごとに個人にポイントが加算され、運動神経1位、運動音痴1位を決定するというものだ。

   種目は30m走、反復横跳び、握力、腹筋、立ち幅跳び、上体反らし、シャトルラン(往復持久走)で、総合成績は須田亜香里さん(チームS)が398ポイントで1位。以下石田安奈さん(チームKII)、小林絵未梨さん(研究生)と続いた。

   しかし放送終了後、小林亜実さん(チームE)が更新したブログで突如「ヤラセ疑惑」が浮上した。

   放送当日の23時45分に更新された記事には、

「週刊AKB シャトルラン9回って、、 しかも最下位って、、 なんじゃこりゃ
ほんとはシャトルラン76回走って 1位の席に座って 総合1位確定!ってときに
『さっきビデオチェックしたら、両足で線を越えてないから、そのぶんマイナスするね』って言われて ありゃ そんなルール初めて聞いたわ
あみは学校の体力測定でシャトルランをやるとき【線を片足でも踏めばOK】っていうルールでやってきたので 勝手にそのルールでやってたのです」

と書いてある。

   小林さんは6種目を終えた時点で350ポイントで2位。シャトルラン76回が認められれば100ポイント獲得となり、450ポイントで総合1位のはずだった。しかし公式記録は9回で最下位の48位。全種目合計が350ポイントで6位に終わった。

   2010年9月にSKE48第4期生オーディションに合格し、12月に研究生からチームEの正規メンバーに昇格した。しかしシングルA面曲を歌える「選抜メンバー」に選ばれたことは1度もなく、11年6月に行われたAKB48の22ndシングル選抜総選挙では圏外だった。番組に出演してもあまり画面に映ることはなく、運営にプッシュしてもらえないいわゆる「干され」メンバーだ。

「さすがにこれは酷すぎるな」

   番組では小林さんのシャトルランの様子が放送されなかったので本当のところはわからないが、テレビを見ている限りでは事前に「両足がラインを越えていないと失格」というルール説明はなかった。片足しかラインを踏んでいないメンバーもいたがそのまま続行しており、結果にも影響がないようだった。ブログの内容が事実なら「干されメンバーを勝たせないヤラセ」と思われても仕方がない。

   2ちゃんねるでは

「さすがにこれは酷すぎるな」
「しゃわこ(秦佐和子)も35回で失格だけど30回目も片足だし」
「知名度上げるチャンスを潰してちゃ、ずっと誰それ状態だな」
「干されにアピールの場なんてないって事か」

など非難のコメントが多数寄せられている。

   番組内容についてテレビ東京に問い合わせたところ、「コメントすることはない」とのことだった。真相は不明なままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中