ボーイング787ひやり 初トラブル、着陸をやり直す

印刷

   全日空(ANA)が世界で初めて就航させたボーイング787型機の主脚(メインギア)にトラブルが発生し、別の機材に振り替えていたことが明らかになった。試験飛行の段階で落雷が発生し、飛行スケジュールが変更になったことはあったが、営業運航が始まってからのトラブルは初めて。

手動で主脚を出す

ボーイング787の国内線定期路線は11月1日に開設されたばかりだ
ボーイング787の国内線定期路線は11月1日に開設されたばかりだ

   トラブルが起きたのは、2011年11月6日の羽田発岡山行きの651便。午前9時頃、着陸直前に「メインギアが出ていない」旨のエラーメッセージが出たため、着陸を中断。一度上昇した上で手動で主脚を出し、主脚が固定されていることを確認した上で着陸したという。この影響で到着が27分遅れたが、乗員・乗客にけがはなかった。

   原因調査を行うため、折り返しの岡山発羽田行きの654便は、機材を787からほぼ同じ大きさのボーイング767-300型機に変更。2時間9分遅れで出発した。

   現時点でANAは787を2機所有しており、トラブルが起こったのは1号機(JA801A)。すでに1日1往復就航している東京-広島便には2号機(JA802A)を宛てたため、運用上の大きな影響はない見込み。

   787は機体の35%を日本企業が製造、「準国産機」とも言われており、従来機よりも燃費が大幅に向上。中型機だが長距離路線も可能ということで、これからの航空機の主流になると見られている。ANAは55機を発注済みで、世界の航空会社で最初の営業運航を始めたばかり。初期モデルは想定よりも重量が重く、その分燃費効率が下がるとみられ、いわゆる「初期不良」が起こる可能性も指摘されている。

   ANA広報室では、

「こうしたトラブルに丁寧に対応することで、安全運航につなげていきたい」

と話している。

   最新鋭機だけに一般の注目度も高く、ツイッターでも「メインギアが出ず、手動で下ろしたそうです」といった目撃情報が出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中