「ナベツネ」批判で「祭」状態 清武代表造反、ネット上は騒然

印刷

   プロ野球巨人の清武英利代表が2011年11月11日午後に文部科学省で行った会見で、渡辺恒雄会長の「チーム私物化」に公然と異を唱え、ネット上は騒然となっている。

   動画サイト「ニコニコ生放送」で放映された会見には30万人近い来場者があり、ツイッターでもほぼ話題独占状態だ。ネット上では渡辺会長批判が大多数で、大半のユーザーは清武代表の「造反」を高く評価しているようだ。

「清武よくやった」「ナベツネ支持率0%」

ツイッターでの話題を示す「Yahoo!リアルタイム検索」の上位は、会見に関連するキーワードで占められた
ツイッターでの話題を示す「Yahoo!リアルタイム検索」の上位は、会見に関連するキーワードで占められた

   清武代表が11日の会見で明かしたところでは、渡辺会長は一度了承したはずの岡崎郁1軍ヘッドコーチの留任人事を翻し、野球評論家の江川卓さんのヘッドコーチ就任を要求。清武代表は渡辺会長に対し「プロ野球を私物化することを許してはならない」などと涙ながらに批判した。

   事前には「プロ野球界の規則における、読売巨人軍のコンプライアンスに関わる重要な問題」とのみ伝えられていた今回の会見が、結局巨人内での「内紛」だったことには「肩透かし」といった批判、また「巨人ってナベツネの私物じゃなかったんだ!」といった皮肉も散見されたものの、ネット上では清武代表の行動に賛同する声が大多数を占めた。

「巨人ファンとして断固清武を支持します。いい加減ナベツネは余計な事をするな!」
「勇気ある同志がいたら、ファンフェスで『ナベツネ支持率0%』とか『ナベツネより清武』とか『清武GJ』的なゲーフラ(横断幕)出して下さい」
「歴史が変わる瞬間かもしれない。頑張れ、清武!」

遠からず渡辺会長の「反撃」始まる?

   渡辺会長は歯に衣着せぬ言動を繰り返してきたこともあってか、いわゆる「アンチ巨人」派、また日頃はプロ野球に興味がないというユーザーからも清武支持の声が相次いでいる。

   とはいえ渡辺会長を擁護する声が全くないというわけではない。人事への「介入」も「球団会長」という立場を考えれば問題ないのではという指摘や、「江川ヘッドコーチ」支持の立場から支持する人もいる。

   ただ、遠からず渡辺会長による「反撃」が始まるだろうという点では一致している。ネットユーザーたちは渡辺会長、そして親会社の読売新聞社などが果たしてどう動くのか、固唾を呑んで見守っているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中