「大阪維新の会」ダブル選圧勝 橋下氏は75万票

印刷

   2011年11月27日に行われた大阪府知事・大阪市長選挙は、それぞれ松井一郎氏、橋下徹氏の「大阪維新の会」勢が対立候補に圧勝する結果となった。

   府知事選の開票結果は、松井氏が200万6195票で、民主党府連や自民党府連が推した倉田薫氏の120万1034票を大きく引き離した。市長選でも、橋下氏が75万813票、2期目を狙った平松邦夫氏が52万2641票となり、最終的には得票数で橋下氏が20万票以上をつけた。

   投票率は、府知事選が52.88%、市長選は60.92%といずれも前回選挙を上回った。市長選で60%を超えたのは40年ぶりとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中