小林よしのり、AKB48に夢中 「大島優子に失望した。ゆきりんを推すしかない!」

印刷

   『ゴーマニズム宣言』などで知られる漫画家の小林よしのりさん(58)が、AKB48に夢中だ。選抜総選挙の会場に行ったり、メンバーの「処女喪失」シーンにショックを受けたりするなど、かなりのはまりっぷりでネットでも話題になっている。

   2011年11月23日、小林さん主催の言論サークル「ゴー宣道場」HPに「よしりんはゆきりんに会いました」というブログ記事が掲載された。

大島優子の「処女喪失」にショック受ける

   なんでも、AKBのナンバー3、柏木由紀さんに会う機会があった。小林さんにとっては「この世に一人の天使」だといい、「小顔で目が吸い込まれそうに清らかで、ウエストが細かったっーっ」と興奮気味だ。元々は大島優子さんが大好きだったが、

「大島優子がバージン捨てて、くだらん男と付き合ったりしてるから、わしはものすごく失望してたんだ。そんなわしの心の隙間にするっとゆきりんが入り込んでしまった。もうだめだ。今後はゆきりん推しでいくしかないっ!!」

と書いている。

   大島さんは10月からフジテレビの月9ドラマ「私が恋愛できない理由」に出演しており、大島さん演じる人物が処女喪失するシーンがあった。ファンはフィクションの世界のことにも関わらず大きく落胆していたが、小林さんも同様だったようだ。

「民主党の代表選なんか屁みたいなものだ。勝手にやってろ」

   小林さんは元々、韓国や中国に強気な保守的な言論で知られ、ネットでも高い人気があった。しかし、10月に言論サイト「ブロゴス」掲載されたインタビューの中で、フジテレビへの反韓流デモを批判。さらに「なんかもう国家論やめたくなった」とまで話し、物議を醸していた。

   ここ最近はずっとAKB48にはまっているようで、8月の誕生日にはAKBのDVDセットをもらって歓喜し、同月発売されたシングル「フライングゲット」が初日で100万枚を突破したときも「まだその魅力がわからない者がいるのが不思議である。 一体どこまで感性が鈍磨してるのだろう?」とブログに書いていた。

   6月には、第3回AKB総選挙の会場に行ってきたと報告している。「いやあ、感動した。一瞬たりとも目を離すことはできなかった」と興奮する一方で、「民主党の代表選なんか屁みたいなものだ。勝手にやってろですよ。いい大人があんなくだらない国政選挙に関心を持ったり、誰が総理になるか予想してる方がバカバカしい」。

   前出のインタビューでは、「ずっと(国家論を)やってきたけど、これで変えられるかなっていうのが。なんか難しくなってきたな」「わしだってやっぱりもっといろんな表現をしたいよ(笑)」と語っていたが、本当に政治と距離を置きたいようだ。11月22日に発売されたばかりの新刊『本家ゴーマニズム宣言2』でもAKBに関する対談を収録している。

   ネットでも以前から話題になっていて、AKBファンスレッドでは、「AKB批判してる芸能人よりよっぽど好印象だな よしりんは結構ミーハーで素直な感受性の持ち主」といった声が出ていたが、それ以外のところでは「あんだけ品格とかうるさいくせに秋元の拝金主義叩かないって」「いままで散々ドヤ顔で女を語ってたのに全部台無しだな」「いくら何でもほめ杉だろ で後から得意の掌返しすんじゃねーのか」といった書き込みが寄せられていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中