アメリカン航空が経営破たん 「共同運航は通常通り」とJAL

印刷

   米航空業界第3位のアメリカン航空が経営破たんした。2011年11月29日、親会社のAMRがニューヨーク州の裁判所に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当する)の適用を申請。同社の子会社であるアメリカン航空とアメリカン・イーグルも申請した。

   AMRは燃料費の高騰のほか、人件費などの高コスト体質が経営を圧迫して業績が悪化。2011年7~9月期決算が1億6200万ドル(約126億円)の最終赤字となるなど、4四半期連続で赤字を計上していた。

   アメリカン航空は、50か国・地域の260を超える都市に1日平均3300便以上を運航している。日本航空(JAL)が参加する航空連合「ワンワールド」に属し、JALとは2011年4月から太平洋路線で共同運航を行っている。

   JALは「(アメリカン航空から)全便通常運航との連絡を受けている。弊社との共同運航便も通常通り運航予定」とのコメントを発表している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中