2ちゃんねらーは「高齢で低学歴」 グーグル「Think Insights」に暴かれてしまった

印刷

   米グーグルが提供するサービス「Think Insights」が「恐ろしい」と話題になっている。

   あまり知られたくないような分析結果が、たちどころに入手できてしまうというのだ。初めて耳にするという人も多いと思うが、いったいどんなサービスなのか。

年齢、学歴、世帯収入…サイトのユーザー層丸分かり

2ちゃんねるのユーザー層を表示している「DoubleClick Ad Planner」
2ちゃんねるのユーザー層を表示している「DoubleClick Ad Planner」

   「Think Insights」はグーグルが開設したポータルサイトで、「100以上の研究と、消費活動からデジタルメディアのトレンドまで豊富なデータをまとめたオンライン・リソース」と説明されている。具体的にはインターネットユーザーの動向をまとめた資料を見ることができたり、どんなサイトが多く見られているか、どんな言葉が発言されているかを知ることができたりというもので、メディア分析に役立つサイトだ。

   その中の「DoubleClick Ad Planner」というツールは、サイトのURLを入力するとそのサイトのユーザーの年齢や学歴、世帯収入、興味・関心などを知ることができるもので、企業が広告を売り込む際などに利用することを想定して作られている。データはGoogleツールバーユーザーが登録した個人情報やサイトの訪問履歴、サイトの運営者から提供されたアクセス解析の情報などを組み合わせた推計として割り出されている。

   このツールがインターネットユーザーにとって「恐怖の対象」となっているのだ。「ベスト&ワースト」というブログメディアのライターが試しに2ちゃんねるのURLを入力してみたところ、ユーザーの学歴や年齢がわかってしまった。35~44歳のユーザーが最も高い割合の43%を占め、次いで45~54歳が20%、0~17歳が14%だ。学歴は大学卒業が36%と最も多いが、高校卒業が29%、高卒未満(17歳以下の現役学生を含む)が22%と高い割合を示している。記事では紹介していないが、世帯収入は300万~499万円が32%、0~299万円が27%、500~599万円が15%で、1200万円以上は0%という結果だった。

「オッサン多すぎだろ」「やっぱりお前ら低学歴だったんだな」

   インターネット掲示板「2ちゃんねる」ではこの記事が公開されてすぐにスレッドが立てられ、コメントが寄せられた。

   「オッサン多すぎだろ」「2ちゃんは底辺ナマポ(生活保護)の巣窟だからな」「やっぱりお前ら低学歴だったんだな」とユーザーを揶揄(やゆ)するものや、「今は若者のほとんどがニコニコやツイッターにとられてるからな」「高卒未満が22%もいるのは17歳以下のアクセスが14%あるからだろう(それでも8%も高校中退がいることになる)」など結果を分析するもの、「大学生は多いだろ。3%程度しかいないのは明らかにおかしい」「これは多分嘘だな」とそもそも調査を信用していないものなどさまざまだ。

   果たして分析結果の信ぴょう性はどれくらいなのか。グーグルを利用せずブックマーク機能や専用ブラウザなどから直接2ちゃんねるにアクセスする人が少なからず存在することを考えると、一つの参考情報と考えたほうがよいのかもしれない。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中