Amazonに高さ3.6m「等身大キリン」 「どう運ぶんだよ」と大盛り上がり

印刷

   「Amazon.co.jp」でとんでもない物が売られている、というのでネットでは大盛り上がりだ。

   高さ3.6メートル、横幅2メートル、重さ73キロ…等身大の「キリン」のフィギュアなのだ。

「お店の看板・シンボルとして集客UPに是非おすすめ」

人と並んでみると改めてその大きさがわかる
人と並んでみると改めてその大きさがわかる

   Amazonの商品紹介ページによると、このフィギュアを販売しているのは「アドバンク」(大阪市西区)という会社だ。広告代理業のほか、フィギュアの制作、インターネット通販などを行っている。

   渦中の商品は「アニマル ビッグフィギュア【親キリン】」といい、値段は50万7000円。関東への配送料はなんと7万円だ。説明文には「高さ約359cmのド迫力サイズ!今にも走り出しそうな臨場感タップリの逸品です!店長さん、お店の看板・シンボルとして集客UPに是非おすすめですよ」とある。

   この商品を見つけてきた人が2ちゃんねるに「おいwwwwwAmazonでキリン売ってんぞwwwwwwwww」というスレッドを立てると、「これ発送できるのかよwww」「値段高すぎワロタwwwwwwww」「意外と安くね?」などのコメントが寄せられた。「ポチったった」と購入したことを示唆する書き込みもある。

   Amazonのカスタマーレビュー欄にも2ちゃんねるから訪れたと思われる人が「最近キリンが必要な時が頻繁にあって探していたんですがこのキリン抜群の実用性があります!」「これを買ったおかげで彼女が出来ました!」などのコメントとともに星4~5つの高評価を下している。

「配送はトラックチャーターして自宅前まで」

   アドバンクはキリンのほかにも動物ではサイ(71万9000円)、ステゴザウルス(64万3000円)などを販売しており、直販サイト「ドリームフィギア」ではハリウッドスターやスポーツ選手など人間の等身大フィギュア、小さいサイズのアニメキャラクターフィギュアなども販売している。

   いったいどういう人が大型動物の等身大フィギュアを購入し、どんな場面で使用しているのか。アドバンクに問い合わせたところ、こんな答えが返ってきた。

「イベントや催しで人々の目を引くなど企業向けを想定していました。実際、中古車センターに恐竜のフィギュアが売れたり精肉店に牛のフィギュアが売れたりしていますが、一般家庭の人も購入しています。大きい庭がある家なのでしょう。配送はトラックをチャーターして自宅の前まで運ぶ形を取っているため各家庭によって送料が異なります。北海道など海を越える場合はトラックと船を使いますが、知り合いの業者にお願いしているので料金は抑えています。今後は直販サイトの方で犬などの品揃えを増やして行きたいと思っています」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中