欧州中銀が2か月連続利下げ 史上最低の1.0%に

印刷

   欧州中央銀行(ECB)は2011年12月8日、政策金利を先月に続き0.25%引き下げて年1.0%とすることを決めた。金利引き下げは先月に続き2か月連続で、ユーロ導入後の最低水準と並ぶ。景気の下支えを図るのが狙いだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中