浅田真央選手の母死去

印刷

   フィギュアスケート、浅田真央選手の母・匡子(きょうこ)さんが2011年12月9日、肝硬変のため死去した。48歳だった。

   浅田選手は、グランプリ(GP)ファイナル出場のためカナダ・ケベックに滞在していたが、匡子さんの容体が急変したため大会を欠場。9日午後に急きょ帰国したものの、浅田選手の到着前に匡子さんは亡くなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中