「復水器の再稼働遅れ」に注目集まる メルトダウン防げた可能性あるのか

印刷

   福島第1原発事故をめぐる政府の事故調査・検証委員会の中間報告が近く公表されることもあり、事故原因に改めて関心が高まっている。最近の報道をみると、1号機の冷却装置「非常用復水器」(IC)に関する話が目に付く。

   各種報道の論点を簡単に整理すると、電源喪失により弁が閉じて機能しなくなった1号機のICを早めに復旧させていれば、メルトダウン(炉心が溶け落ちる)を避けられた、もしくは遅らせることができたのでは、という指摘だ。

「電源喪失で弁閉じる」構造知らなかった?

東電サイト上資料で「非常用復水器」を説明している。
東電サイト上資料で「非常用復水器」を説明している。

   それだけICの機能は重要なのに、東京電力の原発幹部らは「電源喪失で弁が閉じる」構造を知らなかった、と批判するメディアもある。東京電力は、現場の放射線量が高かったことなどから「すぐに復旧させるのは無理だった」と反論している。

   「非常冷却 作動と誤解 原発幹部、構造知らず」。朝日新聞の2011年12月18日付朝刊1面の見だし(東京最終版)だ。毎日新聞は9日付朝刊で「津波後1時間内復水器再稼働なら『1号機溶融なかった』」と報じた。いずれも機能しなくなったICをめぐる東電の対応の遅れや認識不足を批判している。ちなみに東電は、ICの機能について「限定的だった」と表現している。

   原発問題を取り上げた「NHKスペシャル」(12月18日放送)でも、「(事故の)進展を遅らせ、拡大を防ぐ」チャンスがあったとして、そのカギのひとつにIC問題を取り上げた。

   ICは、冷却水循環のためのポンプが電源を失った「非常時」に使う装置だ。IC内の管に原子炉で熱された蒸気を導き、IC内に満たされた水で冷やして原子炉に戻すという、冷却用ポンプの一時的な代わりをする仕組みになっている。

   ICは2系統あり、直流電源を失うと弁が自動的に閉じる。放射性物質を閉じ込める目的だ。弁が閉じると蒸気の移動ができなくなる。

東電は「すぐに復旧させるのは無理だった」

   NHKスペシャルによると、津波による電源喪失でICの弁が自動的に閉じたことについて、東電側が「意識した形跡がない」。「(ICは弁が開いていて)動いていると思っていた」という東電関係者のコメントも紹介している。冷却機能は実際にはほぼ止まっていたのに、機能していると考えていたことになる。

   アメリカでは、ICについて、電源喪失で弁がしまった場合を想定して、手動で開ける訓練もしている、と紹介した。一方、福島第1原発では、「電源喪失で弁が閉まる」という認識が、「十分ではなかった」。アメリカに比べ、あまりにも準備不足で危機感が欠如していたというわけだ。

   ICの弁を早期に手動で開けていればどうなったのか。

   毎日新聞の9日記事は、「津波襲来から1時間以内にICを再稼働していれば、炉心溶融に至らなかった」とする独立行政法人の原子力安全基盤機構による解析結果を報じたものだ。

   毎日記事の中で、東電は「真っ暗で線量の高い現場に行ってすぐにICを復旧させるのは無理だった」と反論している。

   また、「1時間以内の再稼働なら炉心溶融に至らず」の文脈からははずれるが、毎日記事やNHKの放送では、津波から約2時50分後に一時的に電源が回復した後、弁(1系統に4つある)の一部について一端開いたものの、ほどなく閉じた作業を問題視するくだりもある。これに対しても東電はサイト上で「操作自体に問題はなかった」との考えを示している。

   政府の事故調査・検証委員会の中間報告は12月26日に公表される。検証はどの程度進んでいるのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中