本の自炊代行業者を著作権侵害で提訴 作家の東野圭吾さんら7人

印刷

   本をスキャンして電子化する自炊代行行為について、作家の東野圭吾さんら著作権者7人が2011年12月20日、著作権侵害があるとして、業者2社を相手取ってその差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こしたことが分かった。

   提訴したのは、東野さんのほか、作家の浅田次郎さん、大沢在昌さん、林真理子さん、漫画家の弘兼憲史さん、永井豪さん、漫画原作者の武論尊さん。訴えられたのは、東京都新宿区の「スキャン×BANK」と川崎市の「愛宕」。東野さんらは、違法行為が横行すると小説家や漫画家の職業が成り立たなくなるなどと主張している。業者側は、報道機関の取材に、訴状が届いておらずコメントできないなどと答えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中