資金流用疑惑の共同PR社長が辞任

印刷

   PR会社の共同ピーアール(共同PR、東京都中央区)は2011年12月27日、大橋栄社長が同日付で退任したと発表した。大橋社長から辞任の申し出があったという。後任には、山田明常務が昇格した。

   大橋社長をめぐっては、内部調査委員会が12月26日、大橋社長の個人的な借金の穴埋めのために会社の資金6000万円以上が不正に流用されていた可能性があると指摘していた。同社は、取締役2名の辞任も発表。理由は「一身上の都合」と説明されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中