「年に100人ずつ増えている」? AKB48が紅白「210人ステージ」

印刷

   AKB48が大みそか恒例の紅白歌合戦で披露するステージに、前代未聞の「210人体制」で臨むことが明らかになった。

   2010年と比べて姉妹グループが増えたことが主な理由だが、今後も新たなグループが立ち上がることが明らかになっており、ステージの巨大化は続きそうだ。

ヒット曲3曲のメドレーを披露

4回目の紅白に臨むAKB48メンバー。前列左から板野友美さん、大島優子さん、前田敦子さん、高橋みなみさん。後列左から小嶋陽菜さん、渡辺麻友さん、柏木由紀さん、篠田麻里子さん
4回目の紅白に臨むAKB48メンバー。前列左から板野友美さん、大島優子さん、前田敦子さん、高橋みなみさん。後列左から小嶋陽菜さん、渡辺麻友さん、柏木由紀さん、篠田麻里子さん

   AKB48の紅白出場は4回目。今回の紅白では、「紅白2011 AKB48スペシャルMIX ~がんばろう日本!~」を披露することになっており、具体的には、ヒット曲「風は吹いている」「フライングゲット」「Everyday、カチューシャ」のメドレーになっている。2011年12月29日のリハーサルの前段階にあたる「音合わせ」では、ステージいっぱいにメンバーがパフォーマンスを披露した。

   2010年のステージは130人で臨んだが、今回のステージは6割増の210人だという。従来のSKE48(名古屋)、NMB48(大阪)、お姉さんグループに当たるSDN48に加えて、11年は新たにHKT48(博多)、JKT48(ジャカルタ)が参戦したためだ。

   囲み取材では、高橋みなみさん(20)が

「『210人も、あのステージに上がれるんだ!』と思いました。大人数ならではのパワフルさを生かせれば」

と意気込む一方、前田敦子さん(20)は

「いやー、まだ完璧ではないですよねー。後ろを振り返ると人だらけ。明日(のリハーサル)もあるので、完璧にやれるようにしたいです」

と気を引き締めていた。

大島優子「NHKさんには大きなステージを作っていただかないと…」

   2012年の抱負を聞かれると、大島優子さん(23)は、

「台湾の台北にTPE48もできたし、アジアでライブをやりたいですね。1年に(メンバーが)100人ずつ増えていくと思うので、NHKさんには、それだけ(大きな)ステージを作っていただかないと…」

と苦笑していた。

   AKB48以外にも、

「今年は2年目。去年は家族も友達もみんな喜んでくれた。今年はみんなに(思いを)届けられるように歌いたい」(西野カナさん)
「紅白でKARAの名前が広がるのが嬉しい」(KARA・ジヨンさん)

と、「新勢力」ともいえるアーティストたちからの紅白にかける意気込みが相次いだ。

   なお、KARAは29日夜には韓国でテレビに生出演し、30日には再び日本に戻って紅白のリハーサルに臨むという強行軍だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中