長渕剛、被災地自衛隊ライブの原動力 疎開した自分への「自責の念」だった

印刷

   ミュージシャンの長渕剛さん(55)が、東日本大震災の1か月後に自衛隊の基地で行った「慰問ライブ」の様子を、ワイドショーのインタビューで振り返った。救助活動に尽力する自衛隊員の「心の動きに黙ってられなかった」という長渕さんだが、ライブが実現した原動力のひとつは、自分が故郷に「疎開」したことに対する「自責の念」だった。

1500人の隊員を前に6曲を熱唱

   長渕さんは2011年4月16日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)を訪れ、約1500人の隊員を前にヒット曲6曲を披露。長渕さんは、

「みなさんは日本の誇りです。僕の僕の僕の、大事な誇りです」

と大声で激励。多くの隊員が涙を流して喜び、この時の様子は、ツイッターでも「感動した」などと話題になった。

   長渕さんは12月30日放送のフジテレビ系のワイドショー「とくダネ!」のインタビューに応じ、ライブが実現するまでの思いを語っている。インタビューでは、ライブのきっかけとして、

「自分の基地が崩壊している。『我が家が崩壊している』ということと一緒ですよね。それでも、目の前にある『助けて!』っていう人間の悲鳴や、『助けて!』っていう小さな子どもたちのまなざしや、腕をきちっとしっかりと持ってね、引き上げている。理屈のない、愛の満ち満ちた世界っていうのかな。その(自衛隊員の)心の動きに黙ってられなかったんですね」

と、自衛隊の活動に報いたいという思いがあったことを明かしている。

「故郷にぬくぬくと逃げて、何、悠々自適にやってるんだよ」

   だが、ライブ実現には、長渕さんの別な感情も影響しているようだ。福島第1原発事故をきっかけに、長渕さんは一時故郷の鹿児島県に「疎開」したのだという。長渕さんは、この時の様子を

「おれ何やってんだって。テメェだけ逃げて、それで歌を何十年も歌ってきて、『それいくぞ!ひとつになるぞ!』なんてシャウトしてきたつもりが、結局、おれ何やってんだよ。故郷にぬくぬくと逃げて、何、悠々自適にやってるんだよ。すごい自責の念が押し寄せてきましたよね」

と、「自責の念」という言葉で表現。自分の姿と自衛隊を対比した時に、

「あの渦中に自衛隊の方たちに、誰かが『好きだよ』、誰かが『お前ら最高だよ!』って言ってあげなきゃ、誰が行くんだという気持ちも、すごくありましたよね」

と、自分のすべきことが見えてきたということのようだ。さらに、

「彼らの中に脈々と生き続けている日本人であるとことの誇りとか、そういったものがあるんですよね。そこをなぜ、僕たちは、いつのころから『見ないでおこう』というふうになってしまったんだろう。彼らの活躍が自分の目の前に飛び込んでこなかったら、悠々自適に、他人ごとのように、何もない顔で、毎日を生きていたかもしれない」

と、今回の震災は、日本人としてのあり方を考え直すきっかけにもなったようだ。

   なお、長渕さんは、1年を締めくくる12月31日の紅白歌合戦では、被災地の宮城県石巻市から、新曲「ひとつ」を披露する。

   長渕さんは12月28日の「あさイチ」(NHK)にコメントを寄せ、

「被災した方々の無念さ、悔しさや恐怖、いろんな思いを僕は背中に感じながら、思いっきり優しく優しく歌ってみたいなという思いに、(中継予定地を訪れた)今日なりました。そして、見ている人が『色々あったけど、また来年からも頑張ろうよ』って気持ちになれるような、そんなシーンを作れたらいいなと思いますね」

と、意気込んでいた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中