米イーストマン・コダック、破産法適用申請を準備中か

印刷

   米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙(電子版)は2012年1月4日、関係筋の話として米映像機器大手のイーストマン・コダック(コダック)が日本の民事再生法にあたる米連邦破産法11条の適用申請を準備していると報じた。

   報道によると、コダックは保有するデジタル特許権の一部売却が成功すれば破産法の申請を免れる可能性があるが、失敗した場合のため申請を検討している。申請は早ければ1月内あるいは2月初めになるという。

   写真用フィルム大手だったコダックはデジタル化への対応が遅れ、このところ業績が低迷していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中