廃止決定で「豚めし」人気急上昇 「やめないで」「なぜだ」と大騒ぎ

印刷

   牛丼チェーン大手の松屋フーズがメニューの「豚めし」を2012年1月9日で廃止すると発表したところ、ネットで「松屋に駆け込んで豚めし食べる!」「やめないでー!」「なぜ、無くなるんだ?」などと大騒ぎになった。

   「豚めしが無くなる前に食べに行こう」などといった呼び掛けもあり、東京新宿にある松屋に行ってみると客席は満席。「豚めし」の注文が多く、店員によると、普段の倍近く売れているという。

牛めし値下げで手間と時間が掛けられなくなる

   「豚めし」(豚丼)は2004年のBSE(牛海綿状脳症)騒動の時に牛丼用の肉が不足したため、大手牛丼チェーン各社が苦肉の策で投入した代用メニュー。タレに肉とタマネギを入れて煮込む牛丼と同じ調理法だ。

   発売当初は、牛丼チェーンの豚丼には違和感があり、馴染みのない味だと不評だったが、徐々に「市民権」を得るようになっていく。それでも牛丼よりはるかに販売シェアが低く、牛肉の流通も平常に戻ったため、本業に徹するとして「すき家」は2009年4月23日で豚丼を廃止。「吉野家」も11年12月にやめ、焼いた豚肉を使った新メニュー「焼味豚丼 十勝仕立て」を投入した。

   豚丼ファンにとって最後の砦となった「松屋」だが、松屋フーズも2012年1月9日に廃止すると5日に発表した。その理由を広報に聞いてみた。

   同社では主力商品の「牛めし」を、例えば並盛で従来より40円安い280円に16日から値下げする。そうなると「牛めし」の注文は増加し、店員の仕事はそちらに多く割かれることになる。人気メニューといっても「豚めし」の販売シェアは低く、また、牛丼と同じだけの手間が掛かる。

「鍋の温度調節といった商品管理に十分時間が掛けられないなど、おいしい豚めしが提供できなくなる可能性があるため、今回の決定になりました」

と説明する。

新宿の店舗では「豚めし」販売シェアが約2倍に

   発表があった翌日の6日にネットでは、

   「牛より豚好きだったのに、なぜだあああああああああ!!」「やめないでー!」

などと大騒ぎになった。「ツイッター」ではこのニュースに驚いた人のツイートが大量に出回り、

「ほんと悲しいよ」
「やっぱり豚めしおいしいよぉ。なんでなくなるんだよ。みんな豚めし注文してるじゃん!」
「とりあえずこれから松屋に駆け込んで豚めし食べる!」

などとつぶやいていた。中には、売り切れたのか注文できなかった、と報告する人もいた。

   6日の午後3時頃に東京新宿にある松屋に行ってみたところ、客席は満席で、「豚めし」を食べている人が普段より多いようだった。店員は、

「通常なら豚めしの販売シェアは5%程度ですが、今日は9%に上がってきています」

と驚いていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中