「アサヒ・コム」が消える 1月中にも朝日デジタル版に統合

印刷

   朝日新聞社は同社のニュースサイト「アサヒ・コム」を2012年1月中にも、有料サイト「朝日新聞デジタル」に統合することを明らかにした。無料の「アサヒ・コム」を存続させたため、有料版の購読者数が伸び悩んでいることが背景にあるとみられる。先行する日経は、有料電子版の創刊と同時に無料版を閉鎖しており、朝日もこのビジネスモデルを踏襲する。

   朝日新聞デジタルは2011年5月に創刊。10年3月に創刊された日経電子版と同様、「紙媒体+1000円」という購読料を設定したが、購読者数には大きな差が出ている。日経電子版は、11年12月19日時点で有料・無料合わせた会員数が120万人を突破し、有料会員数も17万に達している。その一方で、朝日新聞社広報部によると、現時点での朝日新聞デジタルの購読者数は約6万人。およそ3分の1の水準にとどまっている。

段階的に再編、デジタルに一本化

   この理由のひとつが、日経は電子版を創刊するのと同時に無料版は閉鎖したのに対して、朝日新聞は無料の「アサヒ・コム」を存続させてきたため、有料会員への移行が進まなかったことにある。「アサヒ・コム」はニュースサイトでは「老舗」のひとつで、11年7月時点のページ閲覧数は月間5億6000万ページビューで、ユニークブラウザ数は月間約2200万にのぼる。ここからもたらされる広告収入を捨てきれなかったことが、アサヒ・コム存続の背景にあるとみられる。

   だが、2012年に入って、大きく舵を切ることになった。

   朝日新聞の1月5日朝刊に掲載された朝日新聞デジタルの広告では、PC版で全国各地の地域面が見られるようになるといった機能充実がうたわれているが、その中で

「パソコン版では、朝日新聞の総合情報サイト『アサヒ・コム』を統合し、内容のいっそうの充実を図ります。長年培ってきたアサヒ・コム独自の特集や記事を、段階を織って再編。朝日新聞デジタルに一本化し、利便性を向上させます」

と、アサヒ・コムが段階的に有料版に一本化されることが明らかにされている。

どのように差別化を図るかが焦点

   朝日新聞社広報部によると、両サイトは、早ければ1月中にも統合されるという。

   朝日新聞デジタルの有料購読者層は「年第的には40代、50代の方の利用割合が高く、男女比では男性の比率が高い」(朝日新聞社広報部)という。一方、日経電子版の媒体資料によると、有料・無料会員を合わせた読者層の分布は30代が22%、40代が27%、50代が20%。40~50代がおよそ半数で、朝日と大きくは変わらない。後発組の朝日が、どのように差別化を図るかが焦点になりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中