賃金格差、東京と青森で15万円差 5年ぶりに拡大

印刷

   都道府県別にみた賃金の格差が5年ぶりに拡大した。厚生労働省が2012年1月11日に発表した2011年の賃金統計調査(都道府県別速報)によると、残業代などを差し引いた基本給である所定内給与額(11年6月分)は平均で、最も高かった東京都が37万2900円、最も低かった青森県が22万2200円で、その差が15万700円だった。

   前年は最高だった東京都と最低の沖縄県との差が14万900円で、それよりも9800円広がった。都道府県の賃金格差は、2006年(東京と青森)の15万3300円をピークに4年連続で前年よりも縮小してきたが、今回は大幅な拡大に転じた。

   また、24の都府県で前年の賃金を上回った。最も増加幅が大きかったのは奈良県の1万9300円増。最も減少幅が大きかったのが山口県の1万900円減だった。

   調査は昨年7月に正社員など常用労働者を10人以上雇用する全国4万5818の事業所を対象に実施した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中