がれき撤去は済んだが… 処理量はたったの3.5%【福島・いわき発】

印刷
news_p118838_1.JPG

   年末に新舞子の"海岸道路"をドライブしてびっくりした。仁井田川の河口をはさんで、無事だった防波堤と道路の間のスペースに災害ガレキが山となっていた(=写真)。あとでいわき市のHPをのぞき、昨年10月に策定された復旧計画を読んでわかった。そこは「仁井田川河口広場」と呼ばれるところ。災害ガレキの仮置場だ。


   市内には災害ガレキの仮置場が18カ所ある。海岸部に9カ所。津波被災地域からの「災害ごみ」を集積し、分別する。その一つが「仁井田川河口広場」だ。同じく内陸部に9カ所。震災で出た家庭からの「災害ごみ」を仮置きしている。


   いわきのガレキその他の災害ごみは、福島県の推計に基づき88万トンと試算されているそうだ。昨年11月中旬までに仮置場に搬入された量は約50万トン (57%)。これらを県産業廃棄物協会いわき方部会員で構成する共同企業体に委託して、可能な限りリサイクルすることを基本に分別を進めている。


   分別は思ったよりきめが細かい。(1)家電4品目(2)小型家電類(一部売却)(3)金属類(売却)(4)コンクリート殻・大谷石(5)木くず(6)廃プラスチック類(7)その他(マイカ・冷凍魚類・農薬など)――に及ぶ。大谷石は塀に使われていたものだろう。


   問題はリサイクルできずに焼却ないし埋め立て処分をするしかないごみだ。放射能への不安による住民の反対のために処理がストップしている。それもあって、昨年11月段階での処理量は約3万トン、全体の3.5%にとどまる。この点が今までの自然災害と大きく異なる。「文明災」といわれるゆえんだ。


   いわきの被災地のガレキ撤去はあらかたすんだように見えるが、それは生活空間から離れたところにガレキを移しただけのこと。処理し終わるには、数年はかかるというのが市の見立てだ。それでも、見えない放射能をにらみながら一歩、一歩前へ行かないと――3・11から10カ月のきょう、そんなことを自分に言い聞かせる。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中