女子オートレーサー坂井宏朱選手が激突死

印刷

   2011年7月にデビューし、44年ぶりの女子オートレーサーとして期待されていた坂井宏朱選手が12年1月15日、船橋オートレース場で練習中に転倒しフェンスに激突。頭蓋骨骨折により死亡した。27歳だった。

   坂井選手は、14日からはじまった同レース場で開催中のシリーズに参加中だった。12日のブログには、「たくさん課題はありますが、自分の今一番の課題は、スタートとスタートから体勢をとることです」と、ことしの意気込みを語ったばかりだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中