橋下市長と山口教授がテレビ直接対決 終始劣勢山口氏は「難儀なことでした」

印刷

   大阪市の橋下徹市長と、橋下氏に批判的な発言を続けている北海道大学大学院の山口二郎教授が2012年1月15日朝、テレビ朝日系の「報道ステーション SUNDAY」で、直接対決に臨んだ。山口氏が、現状の仕組みのままで様々な改善ができると主張するのに対して、橋下氏は「現実はそんな甘いもんじゃない」などと反論。橋下氏は「学者は世間知らず」という非難も多く口にし、山口氏が終始劣勢に立たされた。

教育委員会制度改革で激論

   番組内では、区長の公募や国政への進出など複数の論点で議論が展開されたが、特に白熱したのが、教育改革に関してだった。橋下氏は、現状の教育委員会制度が形骸化しているとして、改革を求めている。これに対して山口氏は、

「地方分権と教育で言えば、愛知県犬山市で非常に素晴らしい実践があったことをご存じですか?首長のやることは、立派な教育長に据えて教育委員を選んで現場の知恵を出して改革のプランをつくったら、そこにカネと人をつける。それが首長の仕事でしょ?」

と、07年に犬山市の教育委員会が当時の市長のリーダーシップで独自の副教材を作ったり、全国学力テストへの不参加を決めたりしたことを評価。その上で、

「現状の教育委員会の仕組みでも、そうやって学校を変えたケースがある」

と主張した。

   これに対して、橋下氏は、

「犬山の事例なんて出して、1700ある自治体のひとつ。しかも犬山市は、あれは上手くいっていない。あとで(方針を主導してきた市長が)選挙で変えられてしまった。学力調査テストには参加しないと言っていた以前の教育委員が、『これはおかしい』ということで選挙で変えられて、犬山市は変わって来てるんですよ。だからこれは中身の問題ではなくて、今の仕組みでできるのかどうかと言えば、現実問題できない。教育委員も、みんな言っている」

と、(1)犬山市のケースはほんの1例で一般化できない(2)その犬山市のケースですら後に方向転換を迫られている、と反論。仕組み自体を変える必要性を強調した。

「私は、文句言うことが仕事なんだから」

   また、放送時間の多くが、橋下氏の「学者批判」に費やされた。例えば、「教育に競争を持ち込むな」と主張する山口氏が

「橋下さんの改革というのは、点数という非常に単純な物差しで、大阪の組織を官僚組織にしていくだけではないか」

と批判すると、橋下氏は

「全然知らないですよね、中身をね。(中略)保護者と学校が協議をして自分たちの学校の目標をつくるというのが、僕たちの考え方」
「山口さんの意見でいけば、『そういう仕組みをつくるのは難しい』。そういう批判はいい。学者の批判というのは、新しいことをやろうとすると、それに対する批判だけで、現状について見ていない。現状の先生の評価のシステムなんてデタラメ。それだったら少々難しくても、新しいシステムをつくっていくのにチャレンジするのが政治家。それをワーワーワーワー無責任に言うのが学者」

と一気に反論。

   これに対して、山口氏は、

「学者っていうのは物を考えるのが仕事。ものを考えたら、ソクラテスのように多数派と衝突することが時々ある。そりゃ、僕があなたのような権力者のおべんちゃらを言ったら、それこそ税金の無駄遣い。私は、文句言うことが仕事なんだから」

と反論するにとどまった。

   番組の最後に感想を聞かれて、

「いやぁ、楽しかったです」

と答えた山口氏だが、ツイッターでは、

「橋下を相手にテレビでしゃべるのは難儀なことでした」

とつづっており、こちらの方が本音に近そうだ。

   なお、1月27日深夜放送に放送される、テレビ朝日系の「朝まで生テレビ!」のテーマは、「激論!『独裁者』橋下市長が日本を救う?!(仮)」。司会の田原総一朗さんは、ツイッターで

「橋下さんのツィートに応える為に、朝生をセッティングしました」よろしくお願いします」

とも発言しており、橋下氏に批判的な別の識者との「直接対決」が実現するものとみられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中