首都圏でM7級直下型地震、4年で70%の確率 東大地震研が試算

印刷

   マグニチュード7レベルの直下型地震が首都圏でここ4年のうちに70%の確率で発生すると、東大地震研究所の研究班がこのほど試算結果をまとめたと2012年1月23日、読売新聞が報じた。

   東日本大震災で、地震活動がそれ以前の約5倍に増えるなど活発になっているからだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中