大島優子こんどは「風俗嬢」に抜擢 ファンから「どこまでヨゴレ役やらされるのか」の批判

印刷

   AKB48の大島優子さん(23)の「役回り」に、また注目が集まっている。

   2012年2月15日発売の新曲「GIVE ME FIVE!」のミュージックビデオのなかで、年齢を偽り働く風俗嬢を演じていることがわかり、ファンの間では「どこまでヨゴレ役をやらせれば気が済むのか」と、非難の声が上がっているのだ。

AKB史上最長の34分ミュージックビデオ

新曲「GIVE ME FIVE!」のミュージックビデオのなかで、風俗嬢に体当たりで挑む大島優子さん
新曲「GIVE ME FIVE!」のミュージックビデオのなかで、風俗嬢に体当たりで挑む大島優子さん

   話題のミュージックビデオを手掛けたのは、ドラマ「北の国から」シリーズで知られる、杉田成道監督(68)で自ら脚本も担当している。定時制高校を舞台に、さまざまな問題を抱える生徒たちが、バンド活動を通して、自分たちの居場所を見つけていくという青春ストーリーで、AKB史上最長の34分という大作に仕上がっている。

   メンバーの役どころは、親が離婚し離れて暮らす弟を思いながらバイトする尾形敦子(前田敦子さん)、いじめられていた過去がありトラウマをもつ小林由紀(柏木由紀さん)、喧嘩っ早く何事も長く続かない市川みなみ(高橋みなみさん)などで、大島さんは、家の借金を返すため、歳を偽って風俗で働く「大沢優子」を好演している。

   この配役に対し、ネットでは

「風俗嬢はやりすぎ。せめてキャバ嬢にしろよな」
「なんで秋元は風俗に固執するのか 。ヲタも気分悪いだろうし、一般人が見てもイメージ悪いだろ」

という、「風俗はいかがなものか」という批判が噴出したが、その中でも特に目立ったのが「また」というキーワードだ。

CM、ドラマに続きミュージックビデオまで

   大島さんの「仕事」に対し、ファンの批判が殺到したのはこれが初めてではない。

   11年11月に公開された、AKB48公式プロバイダのCMでは、乳児に自分の乳を与え、「わたしと赤ちゃん作らない?」と呼び掛けるシーンがあり、「仕事のためとはいえこれはやり過ぎ」「本人がかわいそう」と、話題になった。

   また、2011年の月9ドラマ「私が恋愛できない理由」(フジテレビ系)のなかでは、キスシーンとベッドシーンを演じており、夢を打ち砕かれたファンたちが「大島はなぜこんなんばっかなんだ」と、涙交じりの声が多数上がったのも記憶に新しい。

   CM、ドラマと、ほかのメンバーと比べ「性」をイメージさせる仕事が多いうえ、今回の「風俗嬢役」が重なったため、「また優子ヨゴレかよ」「最近の大島は、汚れ役担当」という意見が相次いだのだ。

   ただ、大島さんは、映画情報サイト「シネマトゥデイ」(2012年1月12日付)のインタビューで「女優志望であることは変わらない」と語っており、今回のミュージックビデオについても「大島優子の表情はさすがだわ。なんか泣ける」と、女優として評価する声も上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中