ミッキーの頭を吹き飛ばした同人ゲーム作者 「ディズニーの賠償請求は詐欺だった」と明かす

印刷

   同人ゲーム「ハナコ」内で、ミッキーマウスに非常によく似たキャラクターの頭が吹っ飛ぶ、というシーンを描いたことで、ディズニー側からゲームの開発中止と600万円の賠償金請求があったと、明かしていた制作者のコトハさんが、2012年1月30日、ディズニー側は一切関与していないと、ツイッターで報告した。

   2012年1月30日未明、コトハさんは「大変お待たせしました。(中略)きちんとディズニー関係者と連絡が取れましたので、報告に参りました」と、これまでの経緯を語った。

「一連のメールは偽造メールと言う見方をしています」

   それによると、

「(ディズニー側は)この件に関して一切ノータッチだ、と言っていました。 前々から指摘があったのですが、一連のメールは偽造メールと言う見方をしています」

とし、これまでの賠償請求などは「詐欺」だったと明かした。

   原因についても、キャラクターの首が吹っ飛ぶというシーンが海外サイトでも話題になっていたため、「目を付けられた」のではないかと推測している。

   また、ネット上で「ミッキーを虐殺するゲーム」という話題がひとり歩きしたことについては、

「実際に遊んだ方なら分かると思うのですが、そんな内容じゃありません。都合の良い画像・動画だけが切り取られ、『殺した』や『斬り取った』などの表現で紹介され、具合を悪くするほどショックでした」

と、語り、キャラクターの価値を減じようという気持ちはなかったと、改めて主張した。

   ただ、今回の請求が「詐欺」だったとしても、ディズニーファンからの怒りを買ったのは間違いなく、「ディズニーファンの方には大変申し訳ない事をしてしましました。もうこの様な事態が起らない事を約束します」と謝罪。サイトは閉鎖したままで、ゲームはダウンロードできないようにするという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中