1位は「空海と密教美術展」55万人 大型展の昨年の入場者

印刷

   2011年の大型展覧会の入場者数は、1位「空海と密教美術展」(東京国立博物館)55万399人、2位「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(国立新美術館)38万304人、3位「フェルメールからのラブレター展」(京都市美術館)37万9528人だった。新美術新聞が2012年1月31日までにまとめた。

   入場者数の1位は、10年の「オルセー美術館展」(国立新美術館)の77万7551人、09年の「阿修羅展」(東京国立博物館)の94万6172人、08年の「フェルメール展」(東京都美術館)93万4222人、07年の「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」(東京国立博物館)79万6004人に比べると、大きく落ち込み、ここ数年の大量集客ブームが一服した。

   もともと超大型展が少なかったうえ、震災の影響で展覧会自体が中止になったり、美術館がしばらく休館を強いられたりしたことなどが響いた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中