東証でシステム障害、一時241銘柄が売買できず

印刷

   東京証券取引所は2012年2月2日午前、情報配信システムの一部不具合で、株式や上場投資信託(ETF)など241銘柄の売買取引を一時停止した。午後0時30分からは全銘柄の売買が再開された。

   東証のシステムを利用している札幌証券取引所も、全74銘柄の売買が停止していた。

   東証が売買停止にしたのは、株式222銘柄、上場投資信託(ETF)12銘柄、不動産投資信託(REIT)2銘柄、新株予約権付社債(転換社債=CB)5銘柄で、全銘柄の約1割にあたる。このなかには、売買高が多い東京電力や関西電力のほか、ソニー、日立製作所、イオン、東京ガス、三菱地所など幅広い銘柄が含まれていた。

   東証によると、システム障害は取引データを管理する8台のサーバーのうち、1台で起こった。現在、原因を調べている。東証の新システム「アローヘッド」は2010年1月に導入。大規模なシステム障害を起こしたのは初めて。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中