東京、名古屋で「お湯が出ない」 厳冬で給湯器配管凍り、トラブル続出

印刷

   記録的な大雪をもたらした強い寒波の影響で、東京や名古屋、大阪の大都市で給湯器のお湯が出なかったり、水道管が凍ってトイレが使えなくなったりといったトラブルが例年以上に続出している。

   2012年2月3日は、朝の最低気温が東京都心で氷点下1.0度、名古屋市が同5.2度、大阪市が同2.9度などと、沖縄県那覇市を除くすべての県庁所在地で氷点下を記録した。

問い合わせ、東京は通常の2.5倍、名古屋は3~4倍

   厳しい寒さが続くなか、給湯器のトラブルが相次いでいる。早朝から「お湯が出ない。給湯器が壊れたのではないか」、また夜間の急激な冷え込みが原因で「風呂の追いだき機能が使えなくなった」といった問い合わせが寄せられている。

   トラブルのほとんどは水道管の凍結や、水道管と屋外に設置してある給湯器、あるいは給湯器と室内をつなぐ配管の中で水が凍ったことが原因という。

   ガス給湯器などを製造・販売するリンナイによると、東京などの関東地方の問い合わせ件数は、ピークだった1月30日が通常の2.5倍も増えたという。

   3日朝の最低気温が氷点下5.2度まで下がり、13年ぶりに氷点下5度を下回った名古屋市では、午前9時から11時までのわずか2時間で1万1000件を超え、通常の3~4倍にあたる問い合わせが殺到した。

   給湯器の多くは屋外に設置されているので、気温が氷点下になったり、また氷点下にならなくても風が冷たかったりすると、給湯器とつながっている配管が凍結する可能性が高まる。同社は、「問い合わせの大半は『お湯が出ない』というものでしたが、原因は給湯器に引かれている配管が凍結していることが多いようです」と、給湯器の故障ではないケースが少なくないという。

   「配水管の部分をドライヤーで温めたり、ガスで沸かしたお湯をかけてあげる程度で直ることが少なくありません。少し時間を置くなど、落ち着いて対処してほしい」と話している。

「ウオーターハンマー現象」で水道管の破裂も

   水周りなどの生活トラブルを解決する「生活救急車」サービスを提供するジャパンベストレスキューシステム(JBR)によると、2012年2月3日に受け付けた問い合わせは、14時30分の段階で前年比2.4倍に達した。愛知県内だけで5倍に達する勢いという。

   「例年極端に冷え込む日が1日、2日ありますが、今年はここ数年にないほどの状態です」。

   同社は全国でサービスを提供しているが、この日は西日本でのトラブルが目立った。「東海地方など、前日の雪が残り地熱が奪われたまま早朝の気温が下がったため、水道管が凍結するケースが増えた」とみている。

   「単純に、『蛇口をひねっても水が出ない』との問い合わせが一番多いのですが、水道管の中で水が氷に変わるとき、体積が増えて膨張するために起こるウオーターハンマー現象によって、屋外の水道管が破裂するケースも目立ちました」と、同社が駆けつける場面も増えた。

   「寒冷地では使用している機器がその仕様になっていることもありますが、前日のうちから水をチョロチョロと出しておくなど備えています。そういった対応の差はあるのでしょうね」と、JBRは話す。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中