部品不具合発覚に納期ベタ遅れ 新機種ボーイング787にトラブル多発

印刷

   2011年秋に就航したばかりの次世代中型旅客機、ボーイング787型機にトラブルが相次いでいる。長距離路線では欠航が相次いだほか、製造中の機体にも一部不具合が発覚。新機種に「初期不良」は付きものとはいえ、ボーイング社の工場では、機体が作業員に乗り上げて重傷を負わせるという事故も起こっている。

   ボーイング787型機は、部品の不具合や設計変更が相次いたことで知られている。世界で最初に787の導入を決めた全日空(ANA)は、当初は08年の北京五輪に向けて導入する考えだったが、実際に初号機の引き渡しを受けたのは11年秋のことだった。

機体後部の補強材に不具合が見つかる

ボーイング787の長距離仕様機。ANAとしては3機目の787だ
ボーイング787の長距離仕様機。ANAとしては3機目の787だ

   それ以降も、どういう訳かトラブルが続出している。特に不具合が目立つのは長距離路線。例えば、12年1月21日に就航したばかりのANAの羽田-フランクフルト便では、すでに2回欠航している。1月26日にはフランクフルト発のNH204便でフラップの不具合が見つかって欠航。1月30日の羽田発NH203便は、飛行機を監視するためのソフトウェアに不具合があったとして欠航になっている。ただし、同社では、この2つのトラブルは、航空機のトラブルの中では、比較的小規模なものだと見ている。

   また、航空専門サイト「フライトグローバル」によると、1月24日には、組み立て中の787の一部で、機体後部の補強材に不具合が見つかったという。ボーイング社では、何機で不具合が見つかったかは明らかにしていないが、現時点で少なくとも3機で不具合が発見されており、そのうち1機がANA向け、2機がカタール航空向けだとされている。ボーイング社では、「簡単な修正」で対応でき、「短期的な安全上の懸念はない」との立場だ。

   ANA広報室では、この不具合については、

「ボーイング社からまだ連絡を受けていない」

としており、実際にANAに納品される機体に不具合があったかどうかは明らかではない。

   787をめぐっては、日本航空(JAL)も災難に見舞われている。米シアトルのテレビ局「KOMO-TV」によると、2月3日には、ボーイング社の工場に隣接した空港で、787が作業員をひいて大けがを負わせている。この787には、JALの旧デザインの塗装がほどこされていた。

JAL初号機の引き渡し遅れ、3月に

   この機体はボーイング社からJALに引き渡される前のもので、JAL広報部では、

「ボーイング社からの連絡は受けていない。事故は報道で知った」

と寝耳に水の様子だった。

   初号機の引き渡しの時期も、少しずつ遅れている。大西賢社長は11年10月時点で「クリスマス休み、年末年始があるので、年を越えることも想定の範囲」と発言していたが、12月の会見では「2月中」と軌道修正。12年2月2日の決算会見では、

「3月には入ってくるだろう。ほぼ毎日のようにボーイングとコンタクトをとっている。期日が徐々に迫ってくる訳で、どういうタイミングで入手できるのかということを、お互いの認識を共通化しながら進めている」

と、さらに3月までずれこむことを明らかにしている。大西社長は、会見では遅れの理由を明らかにしなかったが、広報部では、

「大きな理由はない。1日に行えるテストフライトの回数が限られていることもあり、最終調整で遅れているのかも知れない」

だと説明。また、前出の部品の不具合については

「ボーイング社からは『仮に不具合が見つかったとしても、引き渡しまでには対応できる』と聞いている」

とし、納期には影響しないとみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中