中野ブロードウェイ地下に無数のスズムシ?? オタクの聖地に仰天「都市伝説」

印刷

   東京中野のショッピングビル「中野ブロードウェイ(NBW)」はオタクの聖地として知られている。マンガ、アニメ、フィギュアといったホビーショップが充実しているが、なんと地下には「開かずの階」があり、そこには何百万匹のスズムシが生息しているという。

   これはかなり前から「都市伝説」として語られてきたことだ。それが改めてネット上で話題になっている。

うるさくて夜は寝られないほど?

   これまでネットでは、NBWは地下3階までといわれているが、実は地下5階まであるとされてきた。地下3階はポンプ・ボイラーの設備のようなものが入り組んでいる。その熱のせいで従業員が飼っていたスズムシが繁殖し、地下5階は無数のスズムシが生息することになってしまった、というのだ。

   ここまでならよくある「都市伝説」だが、事実だったという証拠を作家の渡辺浩弐さんが出している、というのでまた話題になってしまった。

   三才ブックスのゲーム雑誌「ゲームラボ」に渡辺さんが連載中の「中野ブロードウェイ改造計画」(11年10月号)に掲載された。

   このコラムによると、NBWの地下には「開かずの階」があり、そこでは夜ごと死者が鐘を突いている秘密の寺院がある、と噂されているが、本当かどうか確かめるため地下に行った、と書いている。

   渡辺さんはNBWに喫茶店を出店していて、そのリニューアルの打ち合わせで地下に行くことが出来たのだそうだ。地下2階、3階には変電や空調の設備があり、地下3階を歩くと、下の方から鈴のような、鐘のような音が聞こえてきた、というのだ。

   NBWのスタッフに話を聞くと、これはスズムシの鳴き声であり、床の下に空間があって大量発生している。うるさくて夜は寝られないほどだと説明された。

   聞こえてきたのは鐘の音ではなくスズムシの鳴き声であり、

「都市伝説の正体は、何万匹、いやきっと何百万匹のスズムシだった」

と渡辺さんは書いている。そして、NBWで捕まえたというスズムシの写真を掲載。一般のスズムシの大きさの2倍はあるという。スズムシは雑食だから、ネズミなどの動物の死骸を食べて大量繁殖しているのだろうと推測している。

「全て作り話です」と管理組合事務所

   事実とは考えにくいが、三才ブックスの「ゲームラボ」編集部に問い合わせると、このコラムは「事実を書いています」ということだった。

   それではスズムシを見せてもらおうと実際にNBWに行ってみた。「ブロードウェイ管理組合事務局」を訪ね、取材を申し込もうと「ゲームラボ」を出したところ、事情を説明する前に受付で、

「あぁ、そこに書かれているのは作り話です。そういうコラムだと聞いています。当ビルは地下3階までしかありませんし、地下の間取りも作り話です。スズムシはいません」

とけんもほろろに帰されてしまった。

   テナント関係者の女性に話を聞いてみると、このビルは地下3階までしかないし、スズムシがいるという話は始めて聞いた、という。そして、

「このビルは古く、かなり入り組んだ作りになっていますから、そういう怪しげな場所があったとしても何の不思議もありません。そういうことから生まれた都市伝説なのではないでしょうか」

と話していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中