消せないアダルトサイト料金請求 被害は110万人

印刷

   アダルトサイトの料金請求画面を消せない状態にするウイルスを閲覧者のパソコンに感染させたグループが、不正指令電磁的記録併用容疑で摘発された事件で、被害に遭った人は2011年4月から12年1月にかけて全国で約110万人にのぼることがわかった。

   このうち約1万人が指示通りに料金を振り込み、被害額は計約6億円という。京都地検は2月8日にインターネット広告会社社長ら6人を不正指令電磁的記録併用罪で起訴した。同罪での正式起訴は初。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中