「やけくそ」で有名ひまわり証券ツイート 「全員退職」でアカウントついに削除

印刷

   フランクな語り口で人気のあった証券会社のツイッターアカウントが、近く削除されることが突然発表された。その理由が「情報配信に携わる者は全員退職するため」だというから穏やかではない。

   最近まで自社の業績について「自虐発言」を繰り返すなど、ネット上では注目を集め続けていたが、2012年2月22日、ついに削除されてしまった。

「ディーラーや情報配信に携わる者は全員退職」

   アカウントは、ひまわり証券(東京都港区)「金融市場チーム」が運営しており、9000人以上のフォロワー(読者)がいた。ツイートの内容は、マーケットの動向を伝えるものがほとんどだが、「財務大臣の安住君」といった、ややフランクに過ぎる表現も散見され、その点が逆に人気を呼んでいた。

   異変が最初に起こったのが、2012年1月30日。「中の人」の一人が、

「私事で恐縮ですが、来月で退職する事になりました。皆様からのコメントを読むのが非常に楽しかったので、残念です」

と、退職を宣言したのだ。その後、別の担当者が

「ラフにツィートしますので、生温かくよろしくお願いいたします」

と継続していたのだが、2月20日朝、思いがけぬ宣言がツイートされた。

「私事で恐縮ですが、今月をもって退職することとなりました」
「また、ディーラーや情報配信に携わる者は全員退職するためツィートの継続は難しく、残念ながら近いうちにアカウントは削除させていただきます」

   「中の人」を含めて、チームごとなくなってしまうというのだ。

   実は、東日本大震災後の株価急落で一部の個人投資家が多額の損失を出し、決済資金を受け取れなくなるネット証券会社が続出している。ひまわり証券も、差金決済(CFD)取引をのぞく証券業務と大証FXから撤退している。

   この影響で、親会社のひまわりホールディングスの11年4月~12月の連結業績は、33億8200万円の純損失を計上。さらに、14億100万円の債務超過に陥っている。12年2月14日に発表された四半期報告書には、

「当社グループには、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在しております」

との記述もある。

   同社では、11年11月には、全従業員の7割強にあたる約60名の希望退職を募ることを明らかにしており、前出の四半期報告書には、

「当社グループでは、現在、全従業員の雇用形態を有期雇用契約としており、当該有期雇用契約期間の満了等による退職により、平成24年(2012年)3月以降、従業員に係る人件費は大幅に減少する予定です」

と、従業員をさらに大幅に削減することがうたわれている。今回のツイッターアカウントの閉鎖も、この影響のようだ。

貿易収支の赤字幅の大きさに「まるでひまわり証券みたい。うはwww」

   なお、アカウントの「中の人」は閉鎖を発表した直後に、

「1時間ほど前に発表された本邦貿易収支は1兆4750億円の赤字、過去最大の赤字幅を更新!!まるでひまわり証券みたい。うはwww」

とツイートするなど、ほとんど自暴自棄。読者の

「ひまわり逝ったー!」

という声にも、

「逝きましたww」

と応じるほどだ。これらツイートの直後には、一時的に、ひまわりHDの株価が急上昇するという「おまけ」までついた。

   その一方で、「中の人」は、

「自画自賛ではありませんが、世間の皆様や業界関係者からは『情報のひまわり』と言っていただけるくらい頑張っていました。無念です」

と、悔しさもにじませた。

   アカウントの閉鎖が決まった経緯などについて、ひまわり証券にコメントを求めたが、同社広報チームでは

「コメントは差し控えさせていただきます」

と回答。2月22日未明には、アカウント自体が削除された。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中