橋下市長、河村発言に否定姿勢 「日本にプラスない」

印刷

   名古屋市の河村たかし市長の南京事件をめぐる発言について、大阪市の橋下徹市長は2012年2月27日、「首長は歴史家ではない。歴史的事実について発言するなら、歴史家の発言も踏まえないといけない」と、河村市長に慎重な対応を求めた。また、自らの南京事件に対する見解については「(発言が)日本にとってプラスになるとは感じない」と明言を避けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中