講演タイトル「さいたさいたセシウムがさいた」 埼玉県教組、批判受け削除する騒ぎに

印刷

   「さいたさいたセシウムがさいた」。埼玉県教職員組合(埼教組)が事務局をしている講演が、こんなタイトルをつけていたことが分かった。これに対し、批判が相次ぎ、組合がタイトルを削除する事態になっている。

   物議を醸したのは、さいたま市内で2012年3月10日に行われる予定のイベント「国際女性デー埼玉集会」のチラシだ。

「不快な思いをさせてしまった」

この表現が物議に
この表現が物議に

   集会は、埼教組が実行委事務局をしており、その中では、日本の詩人が講演を行うことになっている。副題は、「3・11後の安心をどうつくり出すか」。埼教組は、全日本教職員組合(全教)の傘下にあり、日教組埼玉とは違う組織だ。

   ところが、埼教組のサイトでこのチラシを掲げたところ、ネット上で、「これはひどい」「どういうセンスなんだよ」などとタイトルを疑問視する声が相次いだ。東海テレビが11年8月に「怪しいお米セシウムさん」と誤って番組で流し、謝罪した経緯もあったからだ。

   自民党の片山さつき参院議員は、ツイッター上で埼教組に抗議して下さいと呼びかけられ、サイトの告知で確認したとして、12年3月3日のツイートで怒りを露わにした。日教組埼玉のことだと誤解していたようだが、「こういう言葉平気で公に使うセンスで授業やられちゃかなわん!」とぶちまけている。

   埼教組の執行委員長は、取材に対し、こうした批判を受けて、チラシから「さいたさいたセシウムがさいた」のタイトルを削除し、修正チラシを再配布していることを明らかにした。

   「こちらにも、『タイトルが被災者の気持ちを逆なでする表現だ』とご意見がいくつかあり、不快な思いをさせてしまったと考えました。詩人の方も、話し合った結果、了承していただいたと聞いています」

「講演者の詩人がタイトル考えた」

   タイトルについては、埼教組の執行委員長は、「もともと詩人の方が付けたと聞いています」と明かした。

   ネット上では、日本の童謡「チューリップ」を元に詩の表現として考えたのかといった声や、「さいた」という表現に「さいたま」をかけた言葉遊びではないかといった指摘が出ている。この点については、「原発への何らかの思いがあって付けたのだと思いますが、詳しいことは本人でないと分からず、承知していません」とした。

   埼玉県では、三郷市などが「放射線ホットスポット」になると識者らから指摘されているが、そのこととタイトルが関係するのかについても分からないという。

   講演をする予定の詩人は、メディアやネット上で、政府の原発事故対応ぶりを繰り返し批判している。集会では、反原発の考え方を打ち出しているが、執行委員長は、「詩人の方がどのような立ち位置かは承知していませんが、集会の趣旨には賛同していただきました」と言っている。

   東京都内在住の詩人に取材しようとしたが、外出中だったため話は聞けなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中